初の自作人工交配は失敗のようです。
Angelseedling-01.jpg

♂スカーレット×♀クリスパエンジェルのはずでしたが、
開花してみると、どこにもスカーレットの気配がありません。
どうやらエンジェルの自家受粉のようです。

Angelseedling-02.jpg


授粉後茶漉し袋の中で結実したのですが・・・。
スカーレットの花粉のタイミングがよくなかったようです。

超早熟な子です。
タネになってから1年たたずに開花しました。
昨年10月にZIP発根。ロックウールに植え出し。
今年4月に3号に鉢上げして、8月に開花。

私的には驚異的な最短記録です。
ZIPの効果おそるべし、です。
今年は本気でZIPに取り組もうと思います。

それにしても・・・、
テキ系の結実率がすこぶる悪いのは何故でしょうか。
レディ・ケイコの不稔は別格として、レッドもスカーレットも原テキも新顔テキ・ピンも
実がつきにくいですね。ついてもまばらで果球になりません。
こんな状態の実で、果たしてタネは正常に熟すのでしょうか。

それと、なかなか実がつかない理由が花粉のほうにあるとしたら、
交配にこれらテキ系を使うと成功率が低くなるかも・・・。

赤の因子をなんとか取り込みたいのです。
人工交配で思いつく組合せにテキ系は欠かせません。


Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/84-445ee9dd