上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピッチェリ実生苗に思わぬ敵が出現しています。
正体は未確認ですが、蔓の先端の蕾や芽や新葉が食べられてしまいました。
特に大切な蕾をダメにされるので、困ったものです。

ヨトウムシかと思ったのですがそこまでの暴食ではないので、なにか別のものかも。
蕾は基部に穴をあけ、中身(おしべ・めしべ)を食べています。

とりあえずデナポンを撒きましたが効果があるやらどうやら・・・。

そんな中で、
ピッチェリ実生のふたつめが咲きました。
裏側が食害されたため、いびつな形になってしまいましたが、色は確認できます。
薄い紫色で内側には着色がありません。
ひとつめ(親そっくり)とは違うタイプだとわかります。

昨日の画像
pitch-seedling-01.jpg


今朝の画像
pitch-seedling-03.jpg

食害されていない正常な花を咲かせて、改めて確認したいと思います。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/73-c15ea2f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。