2017.09.24 鉢上げの秋
気候が良くなってきました。
日中の最高気温が30度を切るようになって
空気も澄んで秋の気配に満ちてきました。

今季の挿し木、一昨年来の実生苗の鉢上げの好機到来です。





Black Tea 0924
わざわざ親鉢を携えて訪ねてきてくれた
花友さんからいただいたブラックティー。

4本とも無事活着して、発根量も多く、来季はもう成株として十分開花が見込めそう。
できの良いのを選んで元株の保険株として里帰りしてもらうつもりです。




coactilis 0924
コアクティリス
今年の僅か2本の挿し木苗も鉢上げしました。

挿し木の成功率はがっかりするほど低いのに
一旦活着すると、意外にも強勢・剛健で、
毎年1~2本づつしか採れない苗だけど
親株を含めいままで一本も枯れたことがないのです。

それは私の技術とかでは絶対なく、種の固有の性質に違いない。




MurasakiNoUe 0924
紫の上

挿し木の下手な私でもこれなら間違いなく成功します。
壺系の中でほぼ唯一挿し木が容易な貴重な品種。

これは育種する上で非常に重要な特性です。
壺系育種の最大のネックは増殖が実生に限ること。
親と同一の子苗を得るのが難しい。

作出した(勝手命名の)品種がその個体1本だけ…
と言うんじゃ到底普及するわけがないです。

その意味でも、この紫の上の貴重な性質を受け継ぐ
次世代品種を開発することが望まれます。
そのためには、まず紫の上を普及させることが肝要かと。

かつて壺系のブームの時、
このことに何人の人が気づいていたのだろうかと思うと
今更の気がしないでもないですが…。




seedling 0924
自作実生群(人工交配実生を含む)

開花株になるにはもう2~3年はかかります。
地味ですが、毎年少しでも種を採って蒔けば、
順次毎年苗が得られて、そのうち毎年新しい花が出てくる。

このサイクルで楽しめるようになります。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/562-a3d7ab48