2016.04.21 開花始まる
展示会は4月30日スタート5月8日まで。
今年はGWをほぼカバーしての開催です。

展示会に合わせて開花を調整するのがなかなか難しく、
毎年この準備期間は出品者を大いに悩ませます。

初日に間に合わず蕾で出品するくらいはまだ良いとして、
咲き切ってしまってはリストから外すほかありません。
植物だって生き物ですから、人の勝手な都合に合わせてはくれません。
一旦入ってしまったスイッチは途中では止められないのです。

ということで、栽培家の思惑など関係なく次々と咲き始めました。





レティキュラータhyb0420
レティキュラータ hyb.
購入時のラベルではレティキュラータとなっており(それだからこそ買ったのに)
咲いてみると限りなくクリスパ風の花型・花色なので、
???ながらやむなく自己判断で hybrid とさせて頂きました。




玉かずら0420
玉かずら
最初の一輪目は花型が寸足らずのことが多く、発色も不安定です。
年々開花が早くなるクセがあり、馴化が進んでいる??

新蔓をまっすぐ伸ばせば約40㎝で着蕾、腋芽(蕾)共々伸びながら
80~100㎝で開花するという習性(パターン)です。




藤かほり0420
藤かほり
品種名を持つ壺型では古い方になりました。

壺型の(市販される)有名品種はやはり挿し木で増殖されているのでしょうか。
プロにはプロのやり方があるのだろうなあ。
(実生では親と同じものが出る保証はないですから。)




紫の上0420
紫の上
私の所の実生はOPですが比較的親似が出やすいようです。
中には蔓性になったりしますが花はどれもよく似ています。

挿し木のできる壺型の基として甚だ有望ではありますが、
花色のバリエーションが課題です。




空蝉0420
空蝉
生産者の苗場のOP実生選抜らしいのですが、
どういう掛け合わせか想像できるような、できないような。

この草姿で花色の鮮明なものが出てくれば申し分なしですが…。
F1(第一代)で全てを満たすのは欲が深すぎるか?




淡雪の君0420-01
淡雪の君
挿木苗2年で開花しました。
開花当日でまだフリルが展開していません。


淡雪の君0420-02
淡雪の君 別角度で。
この位置から見ると、この淡雪の君もあの「淡紫おぼろツートン・緑口」の
発色パターンであることがわかります。

蕾が見え始めたら、花首が曲がらないように気をつけつつ、
半日陰に移動した方がよろしい。
その方がこの品種の場合観賞価値が高まります。
強日射下ではすぐに褪色してしまい、魅力を発揮できません。
(ちょっと面倒くさいですが。)





Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/531-a98e2f5a