2015.11.12 ビックリ2題
驚きました。
地際からいきなり開花していました。
「何だこりゃ」が第一声、続いて「おや可愛い」、
最後に「もったいない」。




coactilis2015年11月12日
コアクティリス挿木苗の開花。(なぜか六弁です。)


陽春に茎の伸長が待ち切れず地際で開花しているコアクティリスを
どなたかのサイトで見た記憶があります。
かなり昔のことで正確に思い出せませんが…。

時期は違っても同じ現象らしいと思えるのは
休眠がなにかの拍子で破られてしまったようだからです。
冬眠か夏眠か、コアクティリスは両方しますからややこしい。

きっと来春用に用意された花芽だったのに
初冬に咲いたのはなんとも「もったいない」ですよね。




coactilis全身の姿

2014年春挿し木で発根、秋に鉢上げ。
2015年夏に植替えて6号にサイズアップ。クリップで茎を吊り上げております。

順調に生育して挿し木苗満1年(苗の呼び名では2年苗?)で
開花株になるのですからなかなか優秀です。
これで歩留り(挿し木発根率)が良ければ申し分ないですが
それがとんとうまくいきません。

今年も挿し木を試みましたが(挿し穂40本)発根は数本でした。
しかし活着したらしいのは(とにかく地上部が動きませんので)うち2本かな。
これも来春芽が出るかどうか確信はありません。
こんな調子です。今のところ僅かながら毎年1本づつなんとか。

それよりも時間はかかるけど実生の方が案外「急がば回れ」かも。
勿論実生なので純系とは限らないのが玉にキズですが…。
キチンとやれば発芽率は挿し木の発根率よりは高い。

とはいえ実生が2年生になるまでの歩留りも相当厳しい。
スタート段階のタネの数(つまり分母)を大きくして
発芽苗の枯死率に対抗するしかないのかな。



もうひとつ。
ビックリと言うよりドッキリかな。(ワクワクかも!)

今年の若採り実生採り播き群。まだかまだかと毎日見ておりますが…。


発芽か?-01
これ発芽?


発芽か?-02
これも発芽?


小さすぎて判らん。雑草の芽かも?
いやいや、なんかクレマの芽っぽい。

もう出てきても良い頃ではあります。果たして?!
& そのほかはまだぁ??





Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/522-4f4c0373