2015.09.12 栽培棚の改修
ウドンコ病対策で剪定を始めたのをきっかけに
栽培棚を作り変えることにしました。



現行はディメンションランバーのSPF材を棚板に使っております。
長所は安価なことですが問題は耐用年数が短いこと。
そのまま使用すると2~3年で朽ちてしまいます。
初めに防腐剤を塗っておいても約5年で交換になります。




腐食著しい
かなり傷んでいます。まだこれは良いほう。
屋外で年間を通じて灌水しているのですから無理もない。




根の張り出し
おまけに鉢底から出てきた根が材に食い込んできます。
これを放置すると厄介なことになります。
もう植替えのタイミングでもありますが…。




なかなか知恵が出ませんでしたがあるときひらめいて
とりあえず試作してみることにしました。

試作1号機
試作1号棚
思ったより堅牢でかなりの重量にも耐えることが判りました。




下から見るとこういう構造です。
下部構造-1
全体を支えているのはステンレスの伸縮物干竿2本です。
脚は2段のアルミ脚立(従来通り)2個で1セット。

腐朽する素材がないのでなにより清潔。
そして軽量。組立は耐候性の結束バンド。解体・移動も簡単。




そして今日2号棚設営。
補強の網板
補強の網板をつけるとさらに強度が増します。
100均にて入手。
試作棚のは昔の黒ですが今は規格が違うようで白しかありませんでした。
用途に適えば問題なし。





育苗箱51型
育苗箱51型
メーカーが色々あります。ブランドあり、ノーネームあり。
まとめて買わないと微妙に寸法に違いがあり重ねが効きません。
HSでタダで貰える苗のトレーは強度不足(底がたわむ)でNGです。
8号以上だとさすがに育苗箱もへこむので下に網板を入れます。

試作の経験が役立って組立は10分ほどで完成しました。
育苗箱の向き(縦置き)によって収容面積を1.5倍にできます。
これから順次入れ替えていきます。

9月の剪定ではそのまま休眠とはいかず、芽が動いてしまい
霜が降りる頃までゆるゆる生長するので
方針転換、いっそ秋の肥培に努めようと思います。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/519-b0113f05