2015.08.08 久々に花画像
毎日お暑うございます。
交配品種の採種は残すところあと3種になり早採りも終盤です。

播種床の3.5号ビニポット置場に強烈な朝日が直射し
午前中だけで煮えてしまうんじゃないかと思うほど高温になるので
莢ごと茹でるんだから空豆じゃなくて枝豆かッと
つまらんツッコミをつぶやきながら、未発芽の棚にも寒冷紗を張りました。
100均に88×180の寒冷紗が復活したので助かりました。(幅がジャスト!)


壺系は盛夏でも咲き続けると言いながら
このところ画像をUPしていませんでしたので今朝の撮れ撮れを!




バーシカラー淡色0808
バーシカラー(淡色)
盛夏から秋にかけては節間が詰まり腋芽がすべて花芽になるので
このように房咲きになります。ボリューム感出ますね。




レティ・レッド0808
レティキュラータ・レッド
このレティはまだ蔓の伸びが活発なので密集せず
束にはなりませんがやはり花数は増えます。




texensis0808.jpg
テキセンシス
初夏に挿し穂を採取したので遅れて今頃咲きました。
妙に色が淡いのです。機嫌を損ねたのでしょうか。
夏色と言うより高温障害で色抜けしたのかも知れません。




霞の君2014挿木苗0808
霞の君 2014挿木苗
挿し木鉢上げ1年にしてこれだけの花数を咲かせるとは
正直思いませんでした。強勢ですねえ。
優れた資質をたくさん持った品種だと改めて思いました。




放置すると0808
それぞれが集まって咲くのでグズグズしているとこんなことに!
とにかく早朝か夕暮れ(水やりしながら)目に入る果球を片っ端から
どんどん摘み取らないと間に合いません。




実生に不思議な現象が出現!!

テキ・レッド実生-01 0808
テキセンシス・レッド実生です。
6月4日にはこんな姿でした。(←クリックで画像が開きます)
テキセンシス・レッドのセルフかと思えるような赤一色の花が
今は原種テキセンシスのように赤黄の2色の花になりました。

2種の株が一つの鉢に植わっているのかとまず思いましたが、

テキ・レッド実生-03 0808
どうも2本の蔓は一株から出ているようです。

しかも左の一本は芯止まりして休眠したまま一度も咲いていません。
テキ・レッド実生-04 0808



花をもう一度よく見ると内側は原テキのような純黄ではなく
咲き始めは黄色でのち薄くピンクを帯びて来ます。
純系のテキセンシスではないようです。

何の交雑か(またはテキ・レッドのセルフからか)不明ですが
季節によってこんな色変わりをする花が出るのは初めてです。
これも夏色と呼んでいる現象のひとつなのでしょうか。

解らないことに色々ぶつかるまだまだ未熟な私です。



<追記>
本日アクセス数累計が7万を越えました。(ブログ更新中に)
こんな拙いブログですが皆様ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。     -- 感謝



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/515-891a811f