2015.07.10 採種の続き
さすが梅雨です。連日雨で作業が進みません。
ちょっと晴れ間が出ても長続きしません。
予報では曇りでも短い時間しとしと降ることも多く
消毒した日と翌日が何とか降らなかったのは助かりました。

昨日は日中は日が射したのに夕方から雨でした。
その隙に採種の続きを少し進めました。

交配種子は6月11日から29日にかけて本格的に授粉をしました。
やっと1ヶ月になったばかりなのでもうしばらく様子を見ますが、
OPは意識して初回より早めに採種を心掛けることにしました。





グラウコフィラ0708
グラウコフィラ
なかなか結実しない原種ですがまだあと幾つかは採れそうです。
今年は今迄で最高の数の花が咲いたからでしょうか。
まぐれ当たりの数も多い。



他愛ない話ですが、
初回は種を果球から外してからヒゲを取りましたが、
果球のまま先にヒゲを切ると作業が何倍も楽になるのを突然発見しました。

いつもは完熟種子でつまむとパラパラと剥がれるから
気がつかなかったんですよね~(汗)

先にヒゲを切ると何倍も楽
これは楽ですね。一人喜んでいます。



ヒゲを切った後バラバラにする
これくらいの熟度でも遅いのか?(早過ぎるとは思えないです。)

結果がどう出るか観察してデータを取りたいと思います。
なんだか発芽競争のような趣向になってきました。


人工交配の方は6月29日までに20パターン26個の交配を済ませました。
開花直前の蕾を切開して即授粉した雌蕊が一つ残らず受精して
26個の立派な果球に生長しています。

発芽能力のある種子が採れて苗に育ってナンボではありますが、
一応果球が順調に育っていることをまず喜びたい。
生意気ですが雌蕊先熟であることを証明できた気がします。
48時間常温保存花粉でもOKだったのも発見でした。






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/508-ddfe65ef