上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05.10 季節外れ?
開花が一通り終わったコアクティリスを剪定し、
切った茎を調製して挿し木しました。
5月の初旬に挿し木をするのは初めてです。

いつもの挿し木の適期と言われる6月中旬頃に比べ、
気温とか湿度とかの条件が揃っているのか判りませんが、
例年にない今年の開花の早さならこりゃイケルんじゃないかと・・・。
ちょうどオキシベロン液剤のネット購入が届いたのを機に踏み切りました。

今回はちょっとした実験を試みているのですが、
成果を見てから後日報告することにします。
(ある意味イタズラに等しい思いつきなので・・・。)

3.5号鉢に4個分約40本挿しました。
さて何本の苗が採れるのでしょうか。

うまくいけば、これで一気にコアクティリス長者・・・なんて、
欲に目がくらんで捕らぬタヌキを目論んでいてはロクなことはない。
亡者にならぬよう、謙虚に生きたいと思います。


5月の挿木

発根までに早くて1か月。
ここからの管理が大切。日々の観察が欠かせません。
葉が硬くしかも全身産毛のせいかウドンコ病にならないみたい。
(昨年一度も発症せず)でも油断は禁物。





季節外れついでに
難モノ系壺の播種もやっちゃいました。

なかなかタネの採れない品種のタネがたまたま採れ、
大事にし過ぎて仕舞い込み、忘れていたのが出てきたのです。

そして閃きました!
この時期に播けば外殻の分解が冬よりも速い。(たぶん温度と湿度で)
ってことは、面倒な殻剥きをしなくても効果は同じ?
自分勝手な都合のよい解釈ででも、トライしてみるのがチャレンジだぜ!

このまま放っておいても日遅れになる、賞味期限切れになるくらいなら・・・、
という程度の事なんですけど。


夏の種まき

念のためにジベレリン250ppmの浸潤処理はしておきました。
殻の外からですので、効果のほどは全く判りませんけど。






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/478-063feedd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。