上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かい日が連日続きます。

我が花友で大輪平開種をお持ちの方はどんどん咲き進んでしまい、
5月2日からの展示会に出品するはずの鉢が咲き終わってしまうと
悲鳴をあげておられるとか・・・。
我家でも今年は咲き終わりの品種がいくつか出そうです。

でも元々壺専ですから旬が遅いのばかりですので、
逆に例年出したことのない鉢を若干はお目にかけることができそうです。

あわよくばテキセンシスが咲くかなと行灯に誘引してみましたが、
さすがに間に合いません。
6月に咲く美花は、好むと好まざるとに拘わらず
またも今年も門外不出になりそうです。

さて、ボツボツと咲き始めた花たちをいくつか。




アディソニー2015
アディソニー  ちょっと花がイビツです。



藤かほり2015
藤かほり  いつもより少し色が濃く出てます。花の形は良です。



紫の上2015
紫の上  かなり咲き進んでいます。本年は展示会欠席の見込み。
 (会期前の搬出の時に半分くらいは散ってると思います。)





実生で目に留まるものでは、

ソシアリスM濃赤紫2015
ソシアリス実生
 原種は青紫ですので明らかに交雑種であることが判ります。
草姿は半木立性(自立はできません)。支柱にクリップで誘引しています。
今のところ葉柄が巻き付く気配はありません。

花色についてはソシアリスの交雑としては面白いですが、
壺系全般で言うと、よくある花色のひとつに過ぎません。
草姿が完全にソシアリスのままでこの色とか、
花色の外が青で内が赤とか、もうひとクセあると好いんですけどね。




さて、実生をもうひとつ。
今日のタイトルはこいつのためにつけました。

紫の上M-01
紫の上実生
草姿に注目してください。


紫の上M-02

外が紫内が緑~白になっています。



もう一度紫の上という品種について復習しておきましょう。
この品種が登場したのは2000年の初頭ころではなかったでしょうか。

地方にいる私には情報が常に遅く正確ではありませんが、
その私がヤフオクで初めて苗を入手したのが2005年でした。
(一般のネットショップでは当時入手できなかった・・・と思います。)
我が庭ではその後の挿木苗、実生苗はすべてこの時の苗が母株です。

その後多少知識が付いてきて、名前の付け方や鉢の仕立て方から
竹○園芸さんから出たものと推定しております。

ただ、紫の上がどうやって作られたかは今もって謎です。
原種でないことは、Grey-WilsonのThe Genus や、American Bells に
一切記載がないことからもほぼ間違いないでしょう。

クレマチスとしてはちょっと変わった性質も気になります。
木立性と言っても紫の上は元が1本で叢生と言えるほど密に枝が増えます。
茎が太く硬く、ダリアの茎のような感触があります。

クレマチスの壺型にしては例外的に挿し木が容易で、活着率が高いです。

花色には若干の変異がありそうですが資料が少なくて確認できません。
しかしそれも紫色の濃淡程度の差で、花色変異は殆どないようです。




紫の上M-03
紫の上の実生群(OPです)の中のひとつですが、
改めて見てみると、
なんとアディソニーによく似ているではありませんか。

葉を見る限りではアディソニーと識別できません。
花の付き方も(茎頂に着き下垂する)、
花色も内側が白になると俄然アディソニーに見えてきます。

素人考えで、先祖返りではないかと思っています。
栽培環境(紫の上とアディソニーが交雑する可能性)はゼロではありませんが、
極めて薄い。(アディソニーと花期が合いません。紫の上は夏に結実,、秋に採種しました)

紫の上の実生からこういう形状の葉と花の個体が出たという事実は
確かに私の手元にあるのです。


実生群は全部が同じ形態ではありません。
葉の形も、茎の伸び方もそれぞれ個性があります。
色々な個体が出現します。
まだまだ簡単には結論は出せません。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/475-491aa181
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。