増殖の方法の一つに株分けと言うのががあります。

大株になるのを待って株を分離するので、増殖率は悪いけれど
保険株を作る程度のことなら手っ取り早いです。

割った株は見た目も大きいし根もそこそこにあるので
体力、抵抗力は小苗とは比べ物になりません。
安全な方法だとされています。


しかし私はあまりいい目に遭ったことがありません。
操作が下手なのでしょうか、
2つに割った株が2つ共弱るということが何度もありました。

例えば(私的には世の中に2つとないであろうと秘かに誇っておりました)
テキセンシス・ピンクという品種は株分けにより、1つは翌年枯死(衰弱死)、
もう1つは作落ち甚だしくとんと花が咲かなくなりました。
一度機嫌を壊すと手こずるタイプで、年々衰えるような気さえします。

ピッチェリの愛蔵品種グリーン・ティップもギリギリ1株が現存しているだけで、
割った方は消えてしまいました。
ヴィヴィッド・チャーム(旧称レッドボトム)は割った2個を合わせても
元の株より小さくなってしまいました。
今はもう恐ろしくて株分けはできないです。

株を割るダメージは想像以上なのかもしれません。
イージーに考えていたけど、分割後の雑菌感染防除とか
体力回復までの特別な保護が必要だったのかもしれません。




目を覚まさない鉢
目を覚まさない鉢

ところで例年になく今年は☆になる鉢が続出です。
本来こういう話は表に出さないのですが、
(いつの間にかその品種の記事があがらなくなったり…すると怪しい。)

我としたことが…とちょっとショックです。
知らず知らずのうちに慢心していたようで反省しきり…。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/471-9e58552e