上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.30 2年目の違い
引き続きコアクティリスのネタです。



さて、こちら挿木2年目の苗の様子です。
(平成26年5月挿木、同年7月鉢上げ~越年)
挿木2年目




こちらの方は実生2年目の苗。
(平成26年7月播種、10月発芽~越年)
実生2年目




この差は大きい。
挿木苗の方は茎が太いし、よく見ると地際の節の両側に腋芽もできています。
今年の内に株立ちになろうとしています。
ひょとしたら夏以降に開花が見られるかもと期待してしまいます。

一方の実生苗の芽は昨秋の発芽直後に比べれば大きくなりましたが、
まだまだ細く、一本立ちするには心もとない感じです。
開花株になるにはあと1年では足らないかもしれません。


速く成株にするには挿木の方が圧倒的に有利なのは間違いないですね。
しかも親株と全く同じ物が複製できるのです。
これは品種の保存や増殖にとってはとても大切なことです。

実生は交配による新品種作出に限ると考えるべきでしょう。
それ故交配の組み合わせには用意周到な計画を持って臨むべきです。

その労が報われるかどうかが判るにはかなりの年数が必要です。
この年になると、残された時間はそう多くはないのですから、
無駄な時間を費やしてはいられないのです。

期待して選んだ組み合わせでさえ、思い通りの結果にならない事が多いので、
育種というのはつくづく難しいものだと思っています。
先人は偉大だなあと思うこの頃です。

買わなきゃ当たらぬ宝くじ。
振らなきゃ飛ばないホームラン。
掛けなきゃできない新品種。




≪追記≫
なにげなくタイトルも記事も「2年目」と書きましたが、
考えてみるとこの苗たちはまだ満1歳にもなってないんでした。
この春が生まれて初めての春なんですよね。

発芽(発根)を誕生日とすれば、今年の夏から秋で丸1年。
それなのに2年目というのは変ですね。

園芸業界で言う挿木1年苗、2年苗というのは
どういう数え方をしているのでしょうか?

足かけ2年目の意味なら2年目でいいのかな?
でも実年齢は満0歳、数え年でも1歳ですから
2年(目)という表現は誤解を招くかも知れません。
一応お断りしておきます。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/470-5c0054db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。