上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨が本格化しています。
ウドンコが散見されますが、雨天続きでどうしようもないです。
絶滅したと思われていたナメクジが復活してきました。
これも薬が撒けずにいます。
花後の果球が膨らんでいますが、これも摘み取れていません。

みんな雨のせいにしてグダグダしています。
暑いし、蒸すし、ヤブ蚊も出るので、
小庭でも長時間の作業はしたくない気分です。



撮り貯めではありますが、自作実生の開花記録が集まってきましたので
UPしておきます。




th実生初開花0524
"th"(OP)実生初開花
thはtexensis hybrid の略です。親株は既に枯死。
その遺児たちが4株残りました。その内の1株。
しかし交雑のため、押切似の親の面影はありません。


th実生初開花0527
"th"その3日後
色が抜けてパステル調になってきました。



紫の上×リトルベル初開花0524
紫の上×リトルベル初開花
花型・花色は両親の中間型で、葉の形は「紫の上」タイプです。
草姿は細く長く伸びて、木立性と言うにはやや頼りない。(支柱がいります)



桃の君実生02 5月27日
桃の君(OP)実生
親より明るめのピンクで出ました。紫系統の色味は感じられません。
我庭では私の好みから、このテの発色の原種、園芸品種、交雑種が多く、
OP(自然交雑)は似たような色ばかり出るような気がします。



ソシアリス実生
ソシアリス(OP)実生
これも交雑しているようです。基本ソシアリス型ですが、
花弁の切れ込みが深く広めに反転します。



アディM56実生0610
アディM56実生
ここからは親株そっくりシリーズです。
セルフとはっきり言い切れないのであくまで素人判断ですが、
まあ大まかに言えば保険株が出来たということでまずます了解。



SwB実生20140606
SwB実生
シリンドリカ スウェディッシュ・ベルズの実生。
まあこれは親そっくりと言うよりもう親そのもの。
少しは交雑して違うものがでないかと、
実に人の欲というものは際限がないものでございます。



HyZ実生20140610
HyZ実生
これはある有名な園芸品種の種から生まれたのですが、
○〇実生とラベルを書くのも気が引けるほど、親の親バーシカラーにそっくりです。
もうこれは先祖帰りとしか言いようがない。

ちなみに、本家バーシカラーはこちら
バーシカラー2014





そのほか毎年定番の美花たちや原種テキセンシスたちも咲いておりますが、
その画像はいずれ改めてUPすることにします。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/453-42b160d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。