我が猫額の小庭もいよいよ花盛りとなってきました。
撮り貯め画像の一挙公開です。

毎年咲いてくれる古参品種から実生の初開花まで、
顔ぶれはいつも同じようでも(少しづつですが)新顔もちらほら。

敢えて書きませんが、その陰で☆になってしまったものも毎年何個かは出ますので、
手持ちコレクションの維持はけっこう大変です。
実生は(人工交配でも自然交雑でも)細かく見ると同じものがないですから。
枯らしたらそれっきりです。

壺系の場合挿し木ができないことが増殖のネックになっています。
保険株を作ることさえ非常に難しい。
どんなに優品が出ても現品限りでは門外不出と同じです。
良い物であれば世に出して評価を問うことは、大げさに言うと育種家の使命かも。
やりがいにもつながりますし。

挿木のできる系統が壺の中にも僅かですがあります。
その性質を導入した交配種を作ることも育種の目的の一つになっています。

名だたる先達の皆様でもなかなか実現できないテーマを
一介の素人が臨むのは無謀ではありますが・・・(笑)。






Crispa エンジェル2014
クリスパ・エンジェル
いまではもう懐かしいと思えるようになった品種です。
2006年にネット通販で購入しました。
こんなにポピュラーな品種でも
地方の壺栽培家はネットしか方法がありません。(これは今も昔も変わりません。)



レティ・レッド0524
レティキュラータ・レッド
比較的遅咲きのレティですが、環境に順応してきたのでしょうか。
5月に咲いたのは初めてです。



バーシカラー2014
バーシカラー
原種の中では変異の少ないほうですが、色に濃淡2種あるようです。
淡色の方は花弁先端が白く、ツートンカラーに見えます。
濃色の方は先端までグラデなしで濃桃色です。



ダイアナ
プリンセス・ダイアナ
ウドンコに弱い代表格ですが、今年はアディソニー、ソフィーがやられても
ダイアナは無事でした。
勿論すべて消毒はしておりましたが…。



厚口のアディM56
アディM56
厚口・暗赤色の大型の壺。(といってもあくまで壺型としてはの意味)
購入時の識別記号のまま未だにノーネーム。
アディソニーの交雑種ということらしいんですが、アディの面影まるでなしです。



パステルピンク
パステルピンク
私にしては珍しや壺ではなくインテです。
一昨年ホームセンターで苗を買って、今年初開花しました。
このピンク加減がすごい。インテではいままでなかった発色をしています。



ベティと踊場
ベティ・コーニングと踊場
ローズアーチが薮と化しています。
今はベティと踊場が優しく咲いています。間もなくカイウが占領しそうです。


次回は実生の花を中心にUPする予定。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/452-0630e687