上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月最終日は、撮り貯め(出番がなかった画像)の一挙放出。


天気図・気圧配置などを見ると
典型的な梅雨前線が高知沖に停滞しております。

なかなかスキッと晴れた日がなくいつも曇天。
古葉と花がら摘みに追われています。

今壺の壁はかなりの数の花が咲き乱れているのですが、
撮影適期に上手く撮れるとは限りません。

今年やっと咲き始めたグラウコフィラの第一陣は、
雨が続いているうちに散ってしまいました。
次の花も咲いているのですがロケーションが悪くて
ピンボケばかり。


少し前の画像ですが、この際UPしておきます。



Opaline CharmⅡ0623
オパーリン・チャームⅡ
初代オパーリン・チャーム(ピッチェリ)は既に☆になってしまいまして、
密かに心を痛めておりましたが、
期せずして、同じような風合いの花が出現しました。

先に駄花とこきおろしたあのジェルスカNo;6です。
乳白の磁肌に淡く青味を帯びた、あのオパーリンの再来です。



pitcheri 59号 0616
ピッチェリ59号
背景が白い壁のため花色がアンダーになっています。
しかも青紫なのに赤紫に撮れてしまいました。
それでも59号のイメージはなんとなく掴めます。

昨今赤紫のピッチェリが横溢していますが、
これは昔ながらの青紫。
画像にそれが表現できていないので、ちょっと残念。



Princess Diana 0616
プリンセス・ダイアナ
壺の壁に紛れて蔓を伸ばしていました。
栽培場の撤去と植替えに追われた時、テキの壁メンバーの一部を
壺の棚に移しておいたのでした。

テキ系交配種のチューリップ咲き群の中で
圧倒的人気を誇るのはその名前故のことです。

元はプリンセス・オブ・ウェールズと言う品種名でした。
この名は英国王室の皇太子妃の称号です。
(皇太子は勿論プリンス・オブ・ウェールズです。)

それがいつのまにかダイアナ妃にあやかって
呼び替えられたのが大成功。超人気品種になりました。

ネーミング(命名)の大切さを見事に示した
最も有名な実例のひとつです。
花も勿論美しい!。



及川ビオルナ奇花(色抜け)0623
ビオルナ(色抜け)
芸と言う程ではないのですが、
ときどきこういう現象があらわれます。
固定すれば面白いのですが、残念ながら一時的です。

まあ、記録画像としては面白い。



reticulated leaves 01
葉の網目模様

reticulated leaves 02
このブログで何度も話に出てくる、「reticulate」=網目状の葉 です。
壺型クレマチスの中でもこの葉になっているかどうかは
品種(原種)によって限られており、交雑種にとってはその類縁を推測するのに
(傍証として)欠かせません。

明るい方へ透かすようにして見ます。
ピッチェリとクリスパの違いはこれで殆ど見分けられます。



最後に今日作業したzip。
zip after GA

夏期にzip播きをするのは実は初めてで、
その成否には自信がありません。

冬期なら低温なので雑菌繁殖が多少でも緩やかかと思いますが、
今の時期にzipは無謀でしたかね。

果球は緑色でいわゆる早採りになると思います。
開花から約2か月ほど経過していますので、
全くの未熟種子ではなさそうですが…。

同時に半量は直播き(採り播き)にしています。


あと4個ほど果球がありますので、
採種時期をずらしながら、zipと直播きにしていく予定。
1個は完熟(茶色になる)まで待つのもアリかな?






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/431-4f33e9a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。