上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し間が開きましたが、引き続き開花記録。

既出の品種もありますが、
花姿に特徴が良く出ているので再掲しています。




ポンパドール・ピンク2013
ポンパドール・ピンク
花型がますますふっくらとしてきました。
色はピンクと呼ぶには赤味が濃いめ。
殆ど褪色しません。
ビオルナの交配種としては理想形のひとつですね。




gelscar new2013_02
ジェルスカ初開花個体 No;6
クリスパエンジェル×スカーレットの交配品種群をGel-Scarと呼んでいます。
かなり発色にバラツキがあります。
花型は全部同じです。ごく普通の壺型。
(エンジェルのような反転を見せるものは今のところ出ていません。)

1号淡ピンク(枯れてしまいました)に似ていますが赤味が全くなし。
淡紫口白、スカーレットの因子の気配全く無し。
即ち、作品としては駄作です。

こういうものも出ますので、淘汰選別、良品のみを残すようにしないと
栽培棚が幾つあっても足らなくなります。
そう言う教訓のために敢えてUPしておきます。




エロワール・ローズ0606
エトワール・ローズ
行きそびれ・出しそびれの9号大鉢。
日陰の置場にもかかわらず、例年になく調子よく咲いています。
手放そうとしたことに強く抗議しているのかもしれません。

(壺ではなく)ベル型の花ですが、チューリップ型にも通じる
テキセンシス交配種系の名花。1903年作出。
hirustissima × texensis という非常に変わった組合せの交配種です。




カンパニフローラ2013
カンパニフローラ
イベリア半島に自生する原種。類縁的にはビチセラに近いので、
ビチセラ系の園芸品種だと思っている人が多い。

ビチセラ系の白(ホーゲルビー・ホワイト、アルバ・ラグジュリアンス)作出には
大いに係わっていると私は睨んでいます。
多分外れていないと思いますが…。




バーシカラー20130610
バーシカラー
ツートンの方のバーシです。今季初めての花ですが色が濃い。
まるで這澤のようです。




アディソニー06102013
アディソニー
ウドンコも出ず、好調です。
転倒防止用のアンドンを越えて、枝が垂れた先に沢山の花をあげています。
木立性とはいうものの、支え無しには立っていられない性質を思いやると、
これが本当の自生の姿かもしれません。

アディソニーの自生地は平坦地ではなく、傾斜地(斜面)であろうと
推理するのですが、どうかな~?



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/427-990e3c6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。