上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉢植えから地植えに降ろしたベティ・コーニングとカイウが
数年前からローズアーチの左右を登って互いにその覇を競いあいます。
年々勢いが増して花数が増えてきました。

先にベティが咲き始め、やがてカイウが追い付いて
両者咲き乱れつつ徐々に入れ替わるのですが、
今はそのベティ・コーニングのステージが始まろうとしています。



ベティ・コーニング2013
本によると、ベティには芳香があることになっています。
いままでそれを感じたことが無かったのですが、
今年やっと解りました。
淡くほんのりと甘い香りが漂っています。




平成21年播種のソシアリス実生に初花がつきました。

ソシアリス実生2013
自然交配ですがほぼ母種どおりのように見えます。
花色が安定するまでにはもう2~3年様子を見る必要がありますが、
葉の形状、草姿ともセルフ(自家受粉)らしい感じ。

うちのデジカメはいつも赤味が強く青が出にくいのです。
(ユーザー設定ではいつも露出オーバーで、修正がうまくできません。)
やむなくAUTOでもこんな調子、正しい色調が伝えにくくて済みません。
実物は青紫なんですけど…。




ダークアイズ2013
ダークアイズ
これもリップの暗赤紫はよく撮れていますが、
ボディ基部の青紫は飛んでいます。残念。

それとも撮影時間が良くなかったのかしら。
いつもはたいてい午前8時~9時で日光の直射は絶対避けますが、
午後に撮ると納得できる画像の撮れた試しが無いですね。

…機会があれば条件の良い時に撮り直してみます。




クリスパ淡紫口白2013

クリスパ 淡紫口白
こういう系統の色調は殆ど実物どおりなので画像的には安心できます。
クリスパの範疇には入らない特徴ばかりのたぶんハイブリッド。

リップはフリルがなくシャープな感じで反転しています。
色も白でクリスパでは珍しい。
ボディカラーの淡紫というのも純系とは言い難い感じ。

これは入手した時にはごく普通の一般市販品の無銘クリスパでした。
生産者の栽培場でごく普通にハイブリッドが誕生しているって話、ですか…。




ボルドー・アーン2013
ボルドー・アーン (ボルドーの壺)
やや大型でボディがふっくらで、おちょぼ口。
反転はごく先端のみ。
赤ワインの暗赤紫の連想から名をつけました。

もう1種ボディがスマートで筒型に咲く濃い暗赤紫の花には
バーガンディ・アーン(ブルゴーニュの壺)と名づけました。
まだ咲いていません。いずれUPできるでしょう。



本年は久々に人工交配を真面目にしようと決意し、
開花直前の蕾を手術しておしべを除去する作業を行いました。
茶こし袋をかけてめしべの成熟を待ちます。

タイミングとしては、チェリー・リップとテキセンシスの
花粉がうまく合いそうです。
母種にしてみたいんだけど、着果率が極端に悪いので
あきらめて花粉親になってもらうよう準備中です。

紫の上は2番花が間に合わないのでいっそ思い切って剪定し、
20本ほど挿し穂にしてパーライトに挿しました。


以上 昨日の活動報告 終り!







Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/424-bb2857b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。