上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自然観察で野山を散策してきたといえば聞こえは良いですが、
実は今季初の渓流釣行でした。

ここ10年ばかり釣りから離れておりまして、昨年復活したのが梅雨さなかの6月。
3度トライして3度とも前夜が雨で大増水、大濁流。手も足も出ずマル坊主。


その時チェックしておいた新レパートリーの支流2本で
リベンジを誓っての今季リターン・マッチ!
…のはずでしたが、またも大惨敗。

天気よし。水量よし。渓相よし。先行者なし。
絶好の条件でしたが、本命は全く釣れず。気配もなし。
さらに近隣の支流を幾つか回り、ついには昔通った思い出の川にも行ったけど
釣れるのはアブラハヤとカワムツばかり。
(特に前者は釣り師は失望を込めてクソバエと呼んでおります。)

なんだか自信がなくなりました。
昔の経験で、魚のツキ場は解っているつもりでしたが、
こうまでことごとくハズレると、
もう、誰かに「ここなら釣れるよ」と言うところに
連れて行って貰いたい気分です。情けない。



と言う訳で、昨年6月釣行の時のヤマアジサイの例に倣い、
半ばヤケクソの自然観察・野草の巻 トホホ…
それはそれとして、春の山野草はスプリング・エフェメラの最盛期。
なかなかお目にかかれないものにも出会いました。


尚、いままでは地域情報は意図的にぼかしておりましたが、
自生分布の記録でもあるし、また種名の同定に間違いがあれば
是非ご指摘頂きたくもあるので、概略の地名は明らかにすることにしました。





桜満開0418
まず六日市ICを降りてすぐの桜。満開です。
六日市ICは中国自動車道で島根県唯一のインターチェンジです。
山口県との県境にあり広島県ともごく近い、しかし山間の僻地にあります。

中国自動車道と言いながら県内に1か所もICがないのは如何か…みたいな
政治のチカラ?(メンツ)が絡んでいそうな気もしますが、判りません。

ただ、私のような山遊び、渓流好きの人間には、
その手前の吉和IC、戸河内IC(広島県)と並んで最高のロケーションです。
もし下の一般道を使っていたら、広島市からの日帰りだとすると、
現地に数時間しか滞在できません。
今は九州方面からも釣人が来ますし、釣り荒れは避けられませんけど…。


話が脱線しました。今頃桜が満開と言うことは、
中国地方でありながら、このあたり一帯は相当寒冷ということで、
渓流魚にとっては好適、山野草なら意外な北方系も期待できるのです。

さらに広島から近距離でありながら、
植物分布が明快に日本海側植生であるのも観察でき、
山陽側の太平洋側植生との対比が実に興味深いものがあります。
例えば(太平洋側:日本海側)
 タムシバ:コブシ、 ユズリハ:ヒメユズリハ
 ハナイカダ:コバノハナイカダ など



イチリンソウ・ピンク
いきなり珍品に出会いました。イチリンソウのピンク花

これは既に釣れない釣場に着いてからの発見です。
付近に人家は1軒もなく、植栽の可能性は限りなくゼロです。
ピンクなのはこの1輪のみであとは普通の白ばかりでした。
美しいですね。
近縁種の変異にもピンクは無いんじゃあないかと思われます。

山荒らしはもう卒業です。
この歳になると掘り取って持ち帰る気は起きません。
自然保護と言えば聞こえがいいけど、
山野草は自然のままが一番美しいとやっと気がついたということでしょうか。



イカリソウ Epimedium unknown
イカリソウ
正確な種名が判りません。トキワではないような気がしますが…。
付近にかなりの数の開花中の株がありました。
個体により色の濃淡がかなりありました。これは比較的濃い方です。



ミツマタ
ミツマタ
どうした訳か渓流沿いの杣道に1本だけありました。
植えたものとは思えないですが、付近には実生を含め全く他株が見当たらないし、
有用植物にしては付近に人家もないし、なんなんでしょうか。
そもそもこの近在の集落にはミツマタを栽培している様子がありません。
前世代の遺物でしょうか。不思議不思議。



ワサビ Wasabia japonica
ワサビ
渓流釣りで出くわす嬉しい植物のひとつ。
残念ながら既に花穂が上がり、いわゆるトウが立っていますので
葉が固くて採取の価値なしです。しかもいわゆるワサビの根がありません。

これは放棄or崩壊したワサビ田から流出した苗の末裔です。
純粋に自生でない訳にはそれなりの事情があるのです。

かつてのワサビ田が維持できない例は各地に見られます。
湧水の斜面に作る栽培場は労働が過重でその割に報酬が少ない。
しかも後継者がいない。
今は殆どが平坦地の畑に寒冷紗を張った葉わさび専門が多いです。
ワサビの太い根は流水のワサビ田で収穫まで5年位かかります。

ワサビは学名が Wasabia japonica まさに日本の植物そのものです。



アマナ Tulipa edulis
アマナ
アマナにも細かく地域変種があるようですが詳しくありません。
これは県境を越え広島県側に帰ってきて、吉和地区で撮影しました。



ヤマエンゴサク Corydalis lineariloba
ヤマエンゴサク
同じく吉和地区。アマナと同じ場所で撮影。
同属のムラサキケマンやキケマンが暗い林床に咲くのと違い、
日当たりの良い斜面に一斉に花を咲かせるので明るい感じです。
一応ヤマエンゴサクにしておきますが…この属には自信がありません。

ついでながら吉和地区も桜がこの時期に満開でした。
広島県でも北西部は冷涼気候です。



ついベラベラと長話になってしまいました。
久しぶりに話すとつい長くなるのと同じ原理ですね。

シーズンも始まり元気も日々増しておりますので
更新頻度をあげて参りたいと思います。
 (スポーツ選手のインタビューの定番決めゼリフ↓)
…ので、応援よろしくお願いします。
  (心こもってないかなぁ~)


 


Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/412-783f2f6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。