上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼岸が過ぎ、急に秋めいてきました。
久々の更新です。

今月初めの花友例会でタカネハンショウヅルの観察会はどう?って話になり、
そりゃいいですねと、先発下見を買って出ていたので、
頃合いが整い始めた今日、自生地の様子と開花の状態を見に行ってきました。

実行予定を10月6日辺りと見込んでのことです。


自宅からは高速+国道+県道をつないで1時間半の行程です。
新規自生地の発見も目論んでいたのですが、
現地の道路環境、河川の支流分布(これ大事)、山の斜面の向きなどに明るくないと
地図だけでは見当が立ちません。


余談ですが道中で面白いもの見つけました。
といっても花はツリガネニンジン、
この時期山間部では珍しいわけではありません。


ツリガネニンジン01

ツリガネニンジン02

面白いのは開花している環境です。
ご覧の通り、夏頃に刈り払われた道路の法面で咲いています。

夏まで伸びていた地上部は一旦刈り取られて、その後再生したものです。
イワシャジン並みに丈低く咲いています。
コンパクトでなかなかかわいい。




さて、タカネハンショウヅルの自生地です。
昨年まで最も美しく群生していた場所が、ほぼ消滅に近く縮小していました。
(一番接近して画像を撮ることができるスポットでもありました。)
ショックです。

しかし別の場所では勢いを増している群落が何か所か見つかりました。
新しい群生地に育っています。これが自然のサイクルなのかな?

lasiandra01.jpg

lasiandra02.jpg

lasiandra03.jpg

lasiandra04.jpg

lasiandra05.jpg

今日のところはこんな感じです。
予定の10月6日頃にはちょうど満開になりそうですね。



いつもの秋の花達も元気です。

ツリフネソウ
ツリフネソウ


キツリフネ
キツリフネ


ウナギツカミ?
ウナギツカミ?…ミゾソバ?
ウナギツカミは Polygonum thunbergii、ミゾソバは Polygonum seiboldii
ツンベルクとシーボルト、ともに日本の植物学の基礎を造った人。どっち??



そしてこれはホントに珍しい!って花(or実?)を見つけました。

カラハナソウ01

カラハナソウ02

カラハナソウ(しかも雌株です。)
この雌花がビール作りに不可欠の、苦みの原料ホップです。
野生の実物を見るのはこれが初めてです。
もっと寒いところのモノかと思ってました。
感激!


いやぁ、何歳になっても山遊びは楽しいですねぇ~♪♪








Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/402-8190c24d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。