2012.07.26 真夏の山遊び
今朝、懲りもせずまたフライ・フィッシングの山行きをしました。
この酷暑の中7月の渓がどうなっているか、容易に想像できるはずなのに、
諦めきれず、行ったのです。

結果は…「♪今は何を語るべき~(by小林旭)」です。
惨敗です。

水量=やっと平時に落ちていました。
気温=5時で19度(さすが山奥)、しかし7時で27度。
水温=計ってないけど手温感覚でぬるい。
天候=ドピーカン

それだけならまだしも、もはやFly・Fishingの環境ではありませんでした。
川岸の草・木が背丈ほども繁って近づけない。
(これはつらいけどこれだけならまだ方法はある。)しかし、
川の両岸をまたいで無数の「蜘蛛の巣」…
これにヤラレました。

全く水面にフライが落ちません。
しかもフライとリーダー・ティペットが粘りでからんでライントラブル連発!。
キャスティングになりません。


漁期はまだ残りがあるものの、実質今シーズンはこれで終わりそうです。
でも転んでも只では起きない私としては、
今までに無いレパートリーの川を2本ほど見つけてきました。
来春にはきっとFish On 体験ができそうです。


とうとう魚の絵はUPできませんでしたが、
道中のpick up 画像を…




恋路山トンネル
名前に惹かれるトンネルです。
恋路山とは…なにか云われがありそうな感じ。



でも、こういうのって当て字が多いんですよね。
当地方では、村や郡の境界(主に峠になっている)をコージという方言(?)が昔からあり、
当て字としては「越地」「高地」などが使われてきました。

「恋路山」も水系までもがらりと変わる分岐点のトンネルでしたので
地元の呼称「コージ」に漢字を当て振りしたのではないかと疑われます…。

明治以降、国土地理院などで地図を整備していく内に
ランドマークになる名称に漢字の当て字が横行したようです。
一旦刊行物になってしまうと全国的にはそれがスタンダードになってしまいます。

卑近の例では、私の住む団地の裏山(呉沙々宇山=ちょっと変わった名前です)に、
「ミノコージ峠」と言うのがありました。私が中学生だったころの5万分の一地図にも
そのように表記されていました。(約50年前) 市民ハイキングの山でした。

当時からでも人によって「水越峠」などと当て字を振られていましたが、
いつのまにか山道の入口に「林道 峰高地峠線」と書かれた看板が立てられています。
地元では誰に聞いても「峰高地」なんて呼んでません。


そんな例は他にも私の地元県内にたくさんあり、
民俗学的データを混乱させる危惧があり、現地呼称との誤謬を指摘されたりしています。
(故・桑原良敏先生ほか)





さて、旬な話題で…
ナデシコです。正確には「カワラナデシコ」

カワラナデシコ_01
草刈り作業員さんの「花ごころ」で残したのか、
はたまた岩盤のため刈り払いができなかったのか、
私としては前者を取りたい。


カワラナデシコ_02






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/397-d0285ec5