上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連日雨が降り続きます。
たまの晴れ間も1日がやっとで、また次の日から雨です。

壺の壁のひと叢にウドンコ発生の兆しが見えていますが、
どうしようもありません。


さて、一般にはパテンス系に比べて咲くのが遅い壺系と思われていますが、
いやいや立派に春から咲く早咲きグループがあり、それが初夏のグループに替わり
それもピークを越えて、いよいよ夏が本業のグループが登場してきました。

代表格は言わずと知れたテキセンシス一家ですが、
他にも特に遅咲きの性質を持つピッチェリの一派やその交配群、
はたまた体調不良が癒えての出遅れ組など
壺の壁メンバーは途切れることなく花を継いでくれています。

いやぁ~、我ながら壺だけでここまで頑張れるとは思いませんでした。
この壺メンバーで秋10月まで2番花、3番花とローテーションしていきます。


壺系に特化した趣味栽培と言えば聞こえが良いですが、
「偏屈な変わり者」と紙一重なのは私も解っております。
まあ自覚があるだけましかなと…。
ん? 自覚と言うより病識かな? …おっとっと!!



今日UPする花は赤系が多いです。

texM_01_20120625222555.jpg
texM
テキセンシスMと仮称しているのは母株がテキセンシスだからです。
数少ない発芽苗ですが、展開した幼葉を見た時から親に似ていない予感がありました。

一応栽培家の最低の責任として、タネの取り違えは無いと言い切っておきますが、
咲いたこの花を見ていると自信が揺らぎます。

texM_02.jpg
texMの口切ってすぐ
同株の別の花です。口を切って間もない花です。
咲いてから色が濃くなる(=紫の方に)のが判ります。




pit GLC
pitcheri “Good Luck Charm”
遅咲きのピッチェリですが時々早く咲くことがあります。
そんな時は大抵本来の色(ピンク)ではなく、濃いめに発色します。
本領発揮するのを待ちたい思います。(8月かな?)




CP?new color0625
C.P.のはず? 紫で発色
これも今年は頭を悩ませます。
C.P.とはクリーミー・ピンクのことですが、花が全然違うやないの!
鉢のラベルは2枚ともCPです。何度見てもCPです。
要継続観察。




texensis Pink0625_01
tex Pink(1)
テキセンシス・ピンク。これも本来より色が濃く出ています。
不思議です。何故どれもこれも濃くなったのでしょうか。

texensis Pink0625_02
tex Pink(2)
同じ向きなので紛らわしいですが別の花です。
こちらの方が咲き始めです。形がシャープなのと色がさらに濃いのが目につきます。

若い花がより濃色ということから開花後の褪色を連想してしまいますが、
今までの記録では、この花は殆ど褪色しなかったはずです。??




versicolor 淡色0625_01
versicolor 淡色
バーシカラーの淡色のほうです。
普通バーシと言えばこちらの配色が標準です。
やや花筒が短くコンパクトな花姿がとてもかわいらしい佳品の原種です。




2010G.R. 2012_01
Great Red (1)(Tea Party type4改め)
ティー・パーティ群の中で最も赤が鮮明に発色する個体。
私の自作品種のなかで最も赤い花です。

2010G.R. 2012_02
Great Red (2)
同時に数個の花が咲き始めました。
一隅に明りが射したような華やかさが生まれています。



(蛇足のおしゃべり)
私の鉢はラベルはすべて2枚挿しです。ラベル落ちのリスクが半分になります。
台風の時などに何度救われたことか…。

それに鉢の対角に挿しておくとどの方向からもラベルが読めます。
これ意外に栽培の現場では助かります。

ご参考になれば…と。








Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/394-8bfd87c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。