上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.31 壺型開花その5
しばらく更新しておりませんでした。
5月も今日で終わり、明日からは6月。
月日は瞬く間に過ぎていきます。(年を取るごとに加速度がついてきます。)

ホドホドにと言いつつも、壺の壁の顔ぶれが替わってくると、
やっぱりUPしたくなります。今年の記録ですから…。

ということで、今日もいくつかを





這沢2012
這沢
小澤さん作出の壺型品種はどうして形質が安定しているのでしょうか。流通量も多いし不思議です。
這沢は有名品種ですが他にも、妙福、不動や藤かほりなども…、
壺ですので挿木増殖は無理のはずで、レシピ通りの交配であっても、
その子たちを同じ形質に揃えるのは難しいと思うんですが。

それとも秘伝の挿木法でもあるのかな?




ポンパドール・ピンク2012
ポンパドール・ピンク
花型がふっくらと安定して発現するようになりました。
ちょうど原種ビオルナと並んで咲いています。大きさも同じくらい。
リップの内側が赤紫なのがポンパで、ビオルナは黄~白です。




グラウコフィラ2012
グラウコフィラ
配色はビオルナやテキセンシスに似ていますが、赤の色味が各々で違います。
花型はボディがやや細身でシャープな感じ。リップの反転も先端のみでキリっとしています。
草姿は大型で、蔓が太く固くて誘引しにくいところなどに野性味を感じます。




濃色バーシカラー2012_01
濃色バーシカラー
以前からバーシカラーには濃淡2種の変異があると唱えておりますが、
どなたからもリアクションがありません。
でも我家にはたまたま2種が実在しているのです。

濃色バーシカラー2012_02
生育は旺盛で花数もそこそこです。
少し遅れて淡色バーシも咲き始めると思います。




Fujiko2012_20120531170647.jpg
Fujiko
ツートンカラーの小輪。色味が違うのでバーシカラーとは明確に判別できます。
ビオルナ系交配種群は親の形質により花型に色々な変異がありますが、
Fujikoはオーソドックスなバーシ~ピッチェリ型です。




ジェルスカ新色ラベンダー
ジェルスカ新色ラベンダー
クリスパ・エンジェル×スカーレットの人工交配種を「ジェルスカ」と命名していますが、
個体により発色が微妙に違うことが判ってきました。
なので今後は「ジェルスカ」はこれら交配種群のグループ名として使用します。

薄いラベンダーカラーの花が今年初開花しました。
スカーレットの面影は全くうかがえません。




ベティー・コーニング2012
ベティー・コーニング
地植えにしたベティがまた今年も咲き始めました。
鉢植えの姿とは全く違って、逞しさを存分に発揮しています。





残りは次回にします。

撮り貯めはあまり長く経過すると時期がずれ過ぎて記事にする気になれず
結局出番なしになってしまうので、こまめに挙げるに限ります。

今日もつい日付の新しい方を先にUPしてしまいました。
撮って直ぐのほうが印象もフレッシュですしね…。






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/387-0d60e97a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。