今朝は寒かったです。
早朝の露地棚の鉢はカチカチに凍っていました。

午前中にどんどん気温が上昇して11時には18℃を超えて、
でも風は寒く時折強く吹いて桜の枝を揺らしていました。

伸び始めた新芽たちは戸惑っているように見えます。




棚下にひっそりと春を咲かせている花たち。


バイモ0408
バイモ



イカリソウ0408
イカリソウ




枯れたかのような景色から突然のぞかせる春の息吹。


ハンショウヅル0408
ハンショウヅル


霞の君0408
霞の君のモケモケの中に蕾が見えてきました。




栽培棚も少しづつ鉢の並びが変わってきました。
自作交配種を一角に集めることにしたのです。
兄弟株で花色変異が出るのは割と当り前ということが判ってきたので、
その中からさらに選抜しようと言うことでもあります。


Tea Party 4th 0408
ティー・パーティ 4th


初期の交配ものがそれぞれ開花株に育ってきていて、
他では見たことのない花色のものがチラホラ見受けられます。
但し初花はあてにならないことも承知しています。

Gelscar群
Gelscar群

固定しているかどうかを見定めることと、
類似の品種と明確に識別できる特徴があるかどうかがキーポイントです。

人工交配したものでも、自然交配からの選抜品でも
全員このテストを受けなくてはなりません。

一ヶ所に集めておけば管理も楽だろうと言う目論見です。





Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/380-bf6c651e