上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.05 強風禍
一昨日は全国的に強風が吹き荒れました。
私は仕事で出勤していて一日中建物の中にいましたので、
よく解りませんでした。

家では無加温フレームが風に煽られて
倒壊するんじゃないかと思ったと家族が言っておりました。




鉢上げしたばかりの柔らかい新芽は、
2・3日経ってから症状が出始めます。

強風禍02

強風禍03



露地栽培の苗も被害に遭いましたが、
むしろフレームの中の苗のほうが傷みがひどい。

強風禍01

強風禍04



今朝気づいたんですが、天井とサイドとの繋ぎ目がパックリと開いていました。
中で風が舞ったんだと思います。
苗がトレーごと横移動していました。

強風禍05




思えば昨年も鉢上げしたばかりの幼苗が強風で随分傷みました。
根の少ない苗は殆ど枯れ、根の多い苗はその後再生しました。

このことは痛い教訓だったはずですが、
また同じことを繰り返してしまったようです。


しかし毎年同じロスを出していては面白くないですね。

まだ苗床にいる苗には全く被害がありませんので、
鉢上げまたは移植直後が一番危ないのは明らかです。
実生鉢上げの時期を再検討せざるをえません。

これが簡単なようで難しい。
遅霜に遭わせたくはないし、鉢上げしてすぐウドンコ病も勘弁だし、
するとやはり3月下旬~4月上旬がベストなんです。風さえなければ…。

4月下旬以降の鉢上げで6月開花はちょっとムリ。
ギリギリは4月中旬か。しかし短期集中で作業が完了できるのかな。
休日園芸は休みの日が雨だったらお手上げです。


去年の教訓もあったけど、結局今年も3月下旬から始めてしまったんですね。





Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/379-25dff71f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。