上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月になって少しは暖かいかと思ったらまた寒くなり
行ったり来たりの繰り返しです。

それでも2月とはなんだか空気が違う。


あの3月11日がまたやってきます。
数日前からどのテレビ局も特集を終日繰り返しています。
1年前を…あの驚愕の生放送を…思い出します。

復旧が遅いのには心が痛みます。
日本の政治はなぜこんなに鈍感なのでしょうか。

それにつけてもあの義捐金の使途は最後まで善意で繋がって届いたのでしょうか。
あの大きな募金組織内では、人々の無償の善意に対し、
通常業務感覚で、事務費とか管理費とかはたまた人件費とかで
相当額が差し引かれ抜かれたのではないか…という疑問が
拭えないのは私だけでしょうか??
(それって当然。驚くこともない のかも知れませんが…)




そんな中でも春は春。
1株しかない貴重品種の株分けをしました。

1.元の鉢

元の鉢を観察すると、芽が4つ離れて出ています。
これは切り離せそうだと鉢から抜いてみると…


2.株分け前

意外に芽数が多い。4つに分割できそうです。
それも十分成株で、すぐに花が見られそうなのが3本は採れそうです。


3.株分け


一番大きいのは母株としてキープ。

4.母株植え戻し


分離した株は5号、4号、3.5号に植え付けました。

5.株分け後


作業中芽をひとつ欠いてしまいました。もったいない。

6.欠けた新芽


植え傷みの養生に、しばらくフレーム(無加温)暮らしとなります。

7.養生所




2週間ほどで落ち着くでしょう。
それから消毒と施肥を始めます。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/374-22173e12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。