上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.02 秋の白と黄
10月に入りました。
庭のクレマチスは壺型のタネ採りが終了し、
もう後片付けのような作業のみです。


先週は県北部を訪ねての画像でしたが、
今日は庭の片隅の秋らしい山野草を撮りました。
春と違って秋の草は派手さがなく色も控え目です。





白花曼珠沙華

シロバナマンジュシャゲ (Lycoris albiflora)
普通でも咲き進むと黄色が濃くなってきますが、
最初からクリーム色のようなのもあり、
球根のときには見分けがつきませんが花色には個体差があります。

園芸品種の黄花として販売されているものもあり、
細かくはよく判りません。

ヒガンバナとショウキズイセンの自然交雑という説があります。





白水引

ミズヒキの白花 (Polygonum filiforme 'alba)
うちの庭では、標準の赤花よりも強勢ではびこっています。
ポリゴナムの仲間なのはちょっと意外ですが、葉を見れば納得です。

デジカメのマクロ撮影ではピントが合わなくて閉口します。





黄花秋桐

キバナアキギリ (Salvia nipponica)
なかなか賑やかな花です。一目でセージの仲間だと判ります。
たぶん日本の固有種のようです。本州から四国・九州に分布します。

やや湿った薄暗い林下に群生しています。
それなので、花に罪はないのですが、
藪蚊に咬まれたあのしつこい痒みを連想してしまいます。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/368-41e3f780
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。