上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タカネハンショウヅルの自生地を見に行ってきました。
2008年以来、3年ぶりとなります。

天気は快晴で、絶好のドライブ日和となりました。

前回は9月26日の自生地探訪でした。
今日帰ってから昔の記事を読み直してみると満開には時期が早すぎた、
と書いていました。なのにまた同じ轍を踏んだようです。


それでも、ポツポツと各所に咲いていました。
3年前の大群落の場所にもたどり着けました。
案外憶えているものです。(本当はナビのおかげです…!)


時期が早かった分、他の花の開花も楽しむことができました。
花がなくても葉で判るところなんぞ
元山野草屋の面目躍如といったところです。エッヘン!!

ということで、(少し長いですが…)ご覧ください。



タカネハンショウヅル01

タカネハンショウヅル02

タカネハンショウヅル03

タカネハンショウヅル04

鉢植えとはまるで違う野生の姿です。
花は可憐ですが、植物自体はかなり逞しく蔓を伸ばし這い拡がっています。



同じ場所で共に咲いている花たち。

キケマン
キケマン

ゲンノショウコ
ゲンノショウコ

ツリフネソウ
ツリフネソウ

キツリフネ01
キツリフネ

アキチョウジ
アキチョウジ

ミズヒキ
ミズヒキ

フシグロセンノウ
フシグロセンノウ



ここからは葉っぱで判別です。

トキワイカリソウ
トキワ?イカリソウ

ヒトリシズカ
ヒトリシズカ

ツルリンドウの実
ツルリンドウ 赤い実がかわいいですね。

ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク 
普通はもう地上部がなく休眠しているはずですが、
幼苗の場合秋まで葉が残ることがあります。

エビネ
エビネ
これも幼苗です。親株は採取されてしまったようです。



秋の野山を満喫してきました。





Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/367-aee3afbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。