2011.09.10 カイウの採種
以前カイウの実生のことについて書きました。(7月29日)
ある方のブログに触発されたのです。
私もトライしてみることにしました。



今日いよいよそのカイウの採種をしました。
そもそも結実することが非常に稀なのですが、
やっと結実…と言っても、ひとつの果球に1個つくだけのが殆どです。

カイウの果球01



さらに見かけは一人前でも、日に透かして見ると
膨らんでいるのは外殻だけで、中の種子が見えないのが半分くらいもありました。

カイウの果球02



う~ん…、これは前途多難さを感じさせます。




クレマチス(キンポウゲ科の植物)のタネの構造は
一般植物とちょっと変わっているので、一度おさらいをしておきましょう。

花が終わった後、受粉をしていれば果球ができます。
イガイガの球のように見えますが、
イガのひとつづつの基部は膨らんでいて、果托に着いています。

果球

俗にこの果球を「タネ」と呼んでいますが、
正確には中に「種子」を包んだ莢、即ち「果実」の集合体です。



クリスマスローズやヤマシャクヤクもキンポウゲ科です。
果実のイメージ、解かるでしょうか。
(こちらは莢の中の「種子」は複数個あります。)

この莢の中に入っているのが正しい意味の「種子(シュシ)」です。
よく我々は果球そのものや、バラした莢の1個を「タネ」と呼びますが、
これは正しくありません。
(一般的には「タネ」で通るのですが…)

なお果実にも形状と構造から分類され、この辺は素人なんですが、
クレマチスは痩果とか莢果というところだと思います。




さてさて、カイウと同時にカンパニフローラの採種もしました。(OP)
カンパニフローラはビチセラ系原種(イベリア半島自生)です。
私の栽培しているクレマチスの中では最も大きなタネです。

カンパニフローラの果球

比較するものが写って無くて解りにくいですが…


果球の形やタネの形を見るとホーゲルビー・ホワイトに似ています。
フムフム…、やっぱりね!
白い交配相手ってそんなにないからね!
などと一人ごちして、妄想に入っています。




もうひとつ、久々にグラウコフィラのタネも採種しました。
これもOPです。

グラウコフィラのタネ

若干若採りですが、充実しています。

これは殻剥き~ZIPで行こうと思っています。
GA処理もいいかげんじゃなく正確にやるつもり。





Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/366-60932db6