上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.20 残り花
更新が暫く止まっておりました。
月初の勢いはどこへやら…です。

再雇用の身ながら、自分の担当の催事が近づくと会期前から俄然多忙となり、
会期中は終日会場に詰めるような業務状態が続きます。
 (更新をしない言い訳です。)

でも、自分の性に合った仕事なので、楽しくもあります。


さてさて、次々週から2本連チャンの前に、
8月(これが最後かな?)4度目の更新です。

例によって庭の咲き残りをポツポツ挙げるだけですが…。





GLC0820.jpg
pitcheri “Good Luck Charm” グッド・ラック・チャーム
遅く咲く分だけ花期は後ろに長いということなのでしょう。
ポツポツとですが次々に咲いています。

壺系のピンクの花は他ににも色々ありますが、
このピッチェリはパステルピンクという表現がぴったりの、
濁りのない明度の高い独特の発色をしていて、大切にしています。




graucophylla0820.jpg
graucophylla グラウコフィラ
入手した時から株が大きかったので、
最初から見応えのあるシーズンになりました。

一頃の群舞は無くなりましたが、その後も何輪かづつずっと咲き続けています。




MagentaLip0820.jpg
Majenta Lip マジェンタ・リップ
花弁の厚口が瞬間的水切れに弱いようでした。半開のままで開き切りません。
思い切って強剪定で株元から出直せばフレッシュな花が見れたかな。
葉っぱがまずまず青く残ってたのでつい横着しました。




SwB0820.jpg
cylindrica 'Swedish Bells' スウェディッシュ・ベルズ
強剪定後の復活花です。
キイロハバチの猛攻を受けやすいことが判ってきました。
必ず狙って来るようです。理由は…判りません。




texensis0820.jpg
texensis テキセンシス
ちょっと作落ちしたので植替え再出発した株です。
花を咲かせるほど回復しました。 ひと安心。




玉かずら0820
Tamakazura 玉かずら
いつも書きますが、写真うつりの良いニクイ奴です。
どうしてこんな鮮やかな発色で撮れちゃうんでしょうか。
人間の視覚スペクトル外のナニカにデジカメが反応しているとしか考えられません。

赤なんですが、ひとつ上の画像のテキセンシスの赤とはまるで違います。
肉眼で見るとM赤紫系統の赤に極めて近い。
でもウチのM赤紫(3株)はどれをどうやって撮ってもこの色にはなりません。

面白い赤です。しかし画像と実物は明らかに印象が違います。
この花の評価は、時代と言うフィルターを通して定まるのかなと思います。

それとももしかして、私がガセを掴んでいるのかな?








Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/362-f2a660e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。