グラウコフィラ 私の最も好きな花。

ブログのプロフィールに使っているのがグラウコフィラです。
初めて立ちあげたブログの最初の1ページもグラウコフィラでした。
FC2に来る前のgoo blog 2006年9月4日のことです。
画像はこちら

なつかしいです。
この株は残念なことに枯らしてしまいました。(今でも惜しい!)

その後再入手を図りましたが、それがなかなか…。
生産しているのは春日井さんしかありません。
カタログは隔年発行で、2003-04版から2009-10版まで
1年おきに取り寄せましたが、欠品のことが多かったです。 
(今はカタログ更新をやめておられます。)

2008年にまつおえんげいさんに販売品があるのを偶然発見。
早速買い求めました。

ところが咲いてみると、私の心に焼きついていた花とは違いました。
濃いピンクのような色合いです。 画像はこちら

これはこれで決して悪くはないんですが、
一度焼きついたものは消しようがない、わがままな私なのです。

この株はどうしたことか昨年越冬に失敗して枯れてしまいました。
これがきっかけで、グラウコフィラは(壺系の中では例外的に)
耐寒性に欠けているらしいと思うようになりました。


今年の春、オークションの出品を見つけ、飛びつきました。
届いた苗のラベルは懐かしや春日井さんに間違いなし。


それがとうとう咲いたのです。待ちに待っていたあの色で!!
キターッ!!!

glaucophylla20110716.jpg



嬉しくて春日井さんのカタログ画像風アングルでも撮りました。

春日井カタログ風



若い蕾たち

蕾-01

蕾-02



glaucophylla のグラウコはglaucus
「白い粉で覆われた」とか「灰青色の」、「粉白の」の意味。
フィラは、「葉」の意味です。

若い蕾の茎の色

つまりこんな感じ。(蕾の托葉ではなく)蔓の色がまさにグラウコです。
例の原種テキセンシスのアレです。


5年ぶりの再会です。遂に、遂に!!




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/356-fa477caf