2011.06.17 壺 淡い花
今日は淡い花をいくつか


壺型クレマは形が小さいので元々派手な花ではありません。
それでもテキセンシスに代表される赤い花は、
明度が高く独特の色感があってとてもよく目につきます。
(なので人気があります。)

一方ぐっと濃い花もあります。
激渋か、ド迫力かに分かれますが、
なかには強烈な存在感を醸しているのもあります。

そういう中にちらっと混ざっている淡い花が、また魅力的です。
単体でいるときは目だたない、地味っぽいものが、
草叢の中でハッとする煌めきを見せるのです。
(まるでムーンストーンのようにです。)




crispa Angel0609
クリスパ・エンジェル  crispa 'Angel
お馴染みの花です。珍しい訳ではありません。
薄く着色しています。(純白の方が珍品かもしれません)
この着色加減がいいんです。




crispa及川1号 0612
クリスパO1号  crispa'Oikawa 1st
2号はすでに☆になってしまいました。
Oさんのクリスパは基本こういう色合いです。
クルンと巻くのと、翼のように拡がるのとあります。
これは前者でリップのエッジがアクセント。
しかし自己主張は控えめ。楚々としています。雨の日がよく似合います。
まだ口を切ったばかりですが…。




crispa20-6微桃 0612
クリスパ微桃  crispa'20-6 pale pink
春から初夏にかけてはこの色で咲きます。
真夏の高温期には色が抜けて殆ど白になってしまいます。
淡い花は一輪で引き立つものと、集合で見せるものとのどちらかですが、
これはもう絶対一輪派です。




霞の君0617
霞の君  'Kasumi no kimi
私は「霞の君」のこの夏バージョンがお気に入りです。
春の一番花に比べて、遥かに可憐度を増します。
花付きが良く群生しますが(木立性です)、
剪定せず軽く芯止めした腋芽からの花がちょうど今の時期です。




Kaiu0617.jpg
カイウ  'Kaiu
純白ではないですが、遠目には白です。
去年は交配に使おうとしてことごとく失敗しました。
そのいきさつは以前書きましたが、カイウは結実しないのです。

地植え2年目で鉛筆程の太さの蔓をめちゃくちゃに伸ばしました。
蔓を束ねてローズアーチ(篭口が絡むのを嫌がる例のアレです。)に、
無理やり誘引したらガンガンに伸びて、反対側から来たベティー・コーニングと、
アーチの頂上で陣取合戦の真っ最中です。

緑色のコロンとした蕾と白い花のコントラストがいい感じです。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/353-8d8d1eff