上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ1~2年の間に壺型クレマチスをテーマにしたブログが次々と消えていきます。

栽培キャリアがあり広く見識のある方で、アクセス数も非常に多いブログが、
それぞれのご事情でしょうが、閉ざされていくのは寂しいものです。

ひとつの事に興味と関心を維持し続けるのは、
相当歳をとってからの趣味のように人生定まってからでしょうね。
とかく移ろいやすいのは世の常です。別に恨みがましくは思いませんけど…。

ブログの世界では壺型から去る人が増えたみたいです。

とそれに並行してなんだか壺型クレマチスの人気に翳が差してきたような気がするのは、
私だけでしょうか。



私自身を振り返っても、今年は1鉢も壺型を買いませんでした。

些細な花色の違いを捉えてさまざまに品種名が付いていますが、
それを買い集めることが楽しみとは思えなくなってしまったのです。
似たようなものはどれもこれも同じに見えて、一つあればいい…。

通販の場合特に、画像を見て「珍しい」・「色の抜けが綺麗だ」と思って買ったものが、
届いてみると「本当にこれなの?」になるケースが案外多いものです。

そういう思いを重ねて味わうと、次からは慎重にならざるを得ません。



そのうち私は、自分で気に入ったものを作りたいという方向に向いてきたのです。
人工交配もそうです。自然交配の実生選抜もそうです。

Burgundy Urn0926
Burgundy Urnの実生


気が長い話のように一見思われたものが、
実行してみると、採種から播種、(発根・発芽促進のあれこれの作業もあり)
鉢上げ、開花までが年毎の順送りで、毎年何かが初開花するようになれば
飽きることはありません。

勿論栽培場の広さに限りがあるので、栽培個数の絞り込みが必要です。
(途中で枯れるのも当然あります…トホホ。)

Tea Party type3 White Lip
Tea Party type3 White Lip


ヤフオクを見ていても今年は春からあまり活発ではありませんでした。
長期間の景気の悪さが、こういうゆとり文化を衰退させるのかも知れませんね。

高額品が売れなくて価格が下がるのは市場の論理です。
いままでがブームに乗ったバブルだったような気もします。


これから一体どうなっていくのでしょうか。
せめてブログはもう少し賑わってくれるほうが楽しいんですが…。



白花曼珠沙華
白花曼珠沙華

ヒガンバナとはよく言ったものですね。(毎年同じこと言ってます…)






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/320-2b295fde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。