タイトルのまんまです。
ヒネリもクスグリもありません。



tex0918-01.jpg

今年の夏は本当に厳しかった!
栽培棚がこれほど茶色くなって、まるで晩秋のような景色になったのは、
今までで経験のないことです。



幸い私の専門の壺系は夏の暑さにはよく耐える系統なので、
夏枯れした茶色の葉の蔓はそのままに、地際から新しい芽を伸ばしてきました。

果たしてこの暑い秋から降霜の初冬までに、どれだけの生長をするものでしょうか。
いずれにしろもう今年の秋の採種は無理だと思われます。

  春の1番花の一部から採種は済ませていますが、
  タネの充実度がいまいち自信がなく、
  テストを兼ねZIPを試みるべく、殻剥きをしてみました。
  そこそこ硬いタネが入っていました。ホッ!



tex0918-02.jpg

原種テキセンシスが剪定後の復活2番花を見せてくれました。
いつもなら8月中に復活しているはずですが…今年はしょうがない。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/319-2c1de84d