上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.22 実生の個体差
ジェルスカの続報です。

前回個体差はピンクの濃淡程度と書いたばかりですが、
まだまだ結論を出すのは早過ぎたようです。



3番目のジェルスカが登場しました。

Gelscar3号01

殆ど赤紫と呼んでもいいくらいの濃さですが、色味はやはりピンク系です。
私のデジカメとディスプレイではギリギリそれが感じ取れますが、
皆さまのディスプレイ環境ではいかがでしょうか。
伝わっていますでしょうか?


この個体のもう一つの特徴はリップの内側がさらに濃色になっていることです。

Gelscar3号02

これはエンジェルにもスカーレットにもない形質のようですが、
エンジェルをクリスパの一種だとみなせば、
因子として持っていても不思議ではないとも思えます。


まずまずきれいな花だと思いますが、
でもこれをエンジェルとスカーレットの交配種だと言われたら、
作った本人以外は、???となるに違いありませんね。

受粉から採種、殻剥きしてZIP、発根後ロックウールに植え出し、越冬後鉢上げ…
いままで何度かその経過をブログの記事にしてきました。
取り違えることなど絶対になかったと言い切れるんですが…。




似たような色の花が続きます。
桃赤(以前4-5-1 ⇒しのごのいちと呼んでいた個体です。)の実生が開花。
実生鉢上げ(3号)後5カ月で開花しました。

桃赤1号01

俗にリバース系と呼ぶリップの内側が濃色のタイプになります。
親によく似ていますね。

違いは花筒の外側がさらに淡色になったため、内外の色彩の対比が明快で、
すっきりとした印象を与えるようになったことです。

桃赤1号02

同じリバースでも青紫系は渋味・凄味がありますが、
赤・ピンク系ではライト感覚で軽快です。

これにも個体差は出るんだろうなと思っています。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/315-14699436
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。