2010.06.16 梅雨の壺
数日前梅雨入りしました。途端に連日雨、雨、雨。
朝から雨、一日中雨。

月曜に東京出張しました。
出発地はひととき雨が上がり曇天ですが傘なしだったのに、着いた羽田は大雨。

選択に迷った挙句の、京急+地下鉄乗りホーのチョイスが大失敗。
田舎もんは素直にモノレール+環状線+総武線にすべきでした。

片手にノートパソかばん(重い)、片手に折傘の姿で、
乗換に迷い、長い距離を歩いた揚句、判らぬ出口で立ち往生。

なんとか目的地に辿り着き、無事用務が果たせたのが不思議なくらい。



さてさて、連日の雨に打たれて、今を盛りの壺クレマの花もかなり散りました。
花殻が棚下に積もるほと言うとちょっとオーバーですが…。

人が体感するほど蒸し暑くないようで(湿度は高いが気温は低め)、
植物の機嫌はよさそうです。
幸いまだ病気の気配がなく、うまく抑えているように見えます。




というところで、今日の壺、いくつか。


M164 Bordeaux Urn ボルドーの壺
Bordeaux Urn2010
当初「ボルドー」と仮称していましたが、
既に品種名として使われている方がいましたので、修正しました。



色変化(口白)
色変化6016
細身の濃ピンク口白の壺です。
入手初年に褪色して殆ど白になる様子から色変化(いろへんげ)と名付けたのですが、
その後なぜか褪色しなくなりました。
ですので色変化しないのにこの名では、ちょっと具合が悪いのです…。



Scarlet スカーレット
Scarlet0616.jpg
比較するものが写ってないので説明しにくいのですけど、
スカーレットとしてはかなりの大輪になりました。
蔓の各節に左右1対で花をつけ、次々と先の方へ咲き進みます。



6月16日の壁
Wall of Urns 0616
バーシカラー、這澤、チェリーリップなど混合です。


some reddish urns 0616
こちらはテキセンシス、スカーレット、マゼンタ、M赤紫、妙福、ダークアイズなど。



踊場
踊場2010
ハナミズキの梢の先から垂れて咲いています。
かなり上の方なので、デジカメのズーム(光学ズーム)一杯。



白万重
白万重0607
赤い花の多い我庭では、この緑っぽい白の花が実に新鮮です。



アヴァンギャルド
アヴァンギャルド2010
花つきはそこそこ良いんですが、花型が乱れやすい。
ちょっと控えめな小振りの1輪を撮りました。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/302-d530d922