壺の壁は花盛りですが、夏咲きのビチセラ系のいろいろも元気です。
ここらで一度ビチセラ系の画像も整理しておこうと思います。





アルバ・ラグジュリアンス
Alba Luxurians 2010

中輪多花のビチセラで白い花と言えば、
この花とホーゲルビー・ホワイトくらいしかありません。
花弁の先端に緑の部分があり、葉っぱの名残です。



カルーレア・ラグジュリアンス
Caerulea Luxurians 2010

こちらもアルバ・~と同じく弁端が緑色。
花弁には紫が乗ります。しかし、カルーレア Caerulea とは濃青色のこと。
いったい何を見て青と名づけたのでしょうか。
ネーミングがいささか荒っぽい。



パール・ダジュール
Perle dAzur 2010

灰青色と呼ぶんでしょうか。
青じゃないんだけれど、不思議に青っぽく見えます。
私の個人的好みで言うと、ビチセラの中では一番好きな色です。



オレンジ・ギャル
オレンジギャル0607

中輪多花性。普通4弁のことが多いです。
明るい赤が目立ちます。



エンテル
エンテル0607

優しい乳白の上にピンクを染めたような色をしています。
これはなかなか珍しい色ではないでしょうか。



プリンス・チャールズ
Prince Charles2010

パール・ダジュールによく似ていますが、
こちらの方が咲き進んでも花型が乱れません。画像では青味が撮れていませんね。
灰青色の端正な美花です。名前で損をしてるかな?



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/300-96e15a62