2010.06.04 カイウ咲く
待望の夏の白い壺 カイウが咲き始めました。



6年越しの大鉢の方が地植えよりも早く咲き出しました。
日当たりのロケーションの差のようです。
2~3年で地植えの底力で勢力逆転するでしょう。
それはベティ・コーニングが証明しています。

やはり地植えは鉢植えに比べ水分や地温が安定していますから。
ただネマトーダだけは要注意ですね。


基部に紫色の着色があり、花によって濃淡の差があります。
もともとが全くの純白ではありませんので、これがカイウの姿です。

カイウ0604-1
 
カイウ0604-2








ティー・パーティのその後です。
今年は口を切ってから発色が進むという気配がありません。
花弁の反転は昨年と変わりなく先端のみで、典型的なビオルナ型です。
母種クリスパの形質はうかがえません。


花弁の色がややくすんでいますが、
二つめ以降の花はどうなるのか、引き続き観察してみます。

T/T0529
5月29日

Tea Party 0531
5月31日

Tea Party 0604
6月4日





なにかにつけベティ・コーニングが写っていますね。(笑)
現在我庭では彼女が栽培棚、ローズアーチのかなりを覆っています。
いや~、なかなか逞しい!

Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/296-664b4761