ついでと言ってはいささか失礼が過ぎますが、
続けて一般(敢えて我庭ではこう呼ばせて頂きます)のクレマチスをUPします。

折角咲いているのに…壺ばかり構って…スルーするのは、流石に可哀そう。
では…。




藤娘
藤娘2010

荒川正十郎と言う方が1952年に作出された品種です。
母種、花粉親とも交配記録が正確に残されています。
当時はザ・プレジデントを使った交配品種が沢山作出されたようです。

青と言えばザ・プレ、白と言えばマダム・バンホーテの時代です。



雪小町
雪小町2010

白地に淡い紫や薄い緑、ほのかなピンクなどが微妙に拡がりしかも混じらず、
複雑な配色なのに全体を見るとなんとも爽やかな不思議な花です。



Sodertalje 
スーダ・テイヤ2010

難読品種です。英語圏でない国の方の作出品種にカナを振るのは至難事です。

読み方を現地発音にするか、ラテン語(学名表記では世界基準語)で読むか、
はたまた一般にに通りのよい英語読みにするかだけでも大変です。
それが統一されてないので、様々な読みが使われています。

現地発音的には スーダテイヤ らしい。(oとaにウムラウトがある)



デュランディ
デュランディ2010

切り花のクレマチスとしてインテグリフォリアの中でも最も良く知られています。
肥培を効かせれば茎の太さが鉛筆位にまでなります。
1874年作出といいますからそりゃあもう随分昔の品種ですが、一線級の現役です。



ピール
ピール2010

中輪多花性の美花。1984年エストニアのキビスティク作出。
株に地力がつくと(年季が入ると)半八重~八重になります。



マダム・ジュリア・コレボン
マダム・ジュリア・コレボン2010

ビチセラ×ビル・ド・リオン 1900年フランスのモレル作出。
赤が印象的な品種です。ちょっと不思議で面白いことには、
親のビル・ド・リオンは同じモレルが、1899年に作出した(登録申請した)ことになっており、
わずか1年でその子供つまりジュリア・コレボンが新品種に登録されています。
どういう事情だったのでしょうか。



ビエネッタ
ビエネッタ0531

気温が高め安定するようになってから次々と咲き始めました。
フロリダ系はどれも花の割に蔓が細いのですが、ビエネッタは特に細い。
それを補って葉柄の巻きつく力は強い上に素早いです。

気がついた時には他の鉢の上を覆って絡み合い、もうとても解けません。



インスピレーション
インスピレーション2010

背の高い赤いインテと言えばこれしかない程の知名度があります。
別名がゾインとなっている(RHS)のは、インスピレーションとは別の人が
同じ交配の組み合わせで、同じ花を作出したんでしょうか。



エトワール・バイオレット
エトワール・バイオレット2010

黒赤系の3品種といえば、これと後から出てくるロマンチカとミケリテの3つです。
多花性であること、集まって団子になって咲くことなど性質も似ていますが、
よく見ると各々には色調や花型に違いが見られます。
開花後褪色するので撮影のタイミングが難しい。
(画像では実物より赤味が強く出ていますね。肉眼ではもっと暗赤色です。)



サニーサイド
サニーサイド2010

中輪でフロリダの雰囲気をよく残した花型をしています。
ユートピアやフォンドメモリーズなどとは違ったタイプに見えるのは、
単に花色の違いだけではなく、なんとなく優しい印象だからでしょうか。



ロマンティカ
ロマンティカ2010

赤黒ビロード光沢で横向き平開します。
多花性で蔓が横にもよく延びるので、支柱争奪ではいち早く上部を制圧しています。



ベノサ・バイオレシア
ベノサ0529

まだ咲き始めの一輪で花型が整っていませんが、ベノサの特徴は既に表わしています。
中筋のかすれた感じが絣のような味わいになって、和風がとてもよく合います。



このようにビチセラの交配品種には様々な色、形、咲き方、雰囲気があって、
クレマチス栽培の幅と奥行を拡げるには、避けて通れない…のではないでしょうか。

ということで、今日は壺以外の花を紹介しました。






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/295-2353f941