2010.05.21 夏咲きの登場
5月ももう20日が過ぎ、暑く感じる日が続くようになりました。
庭のクレマチスも春咲きから夏咲きの品種に交代を始めています。



ベティ・コーニング
ベティ・コーニング2010

予備苗がいくつかあり、大きくなったので地植えにしてみました。
(と言っても、狭い庭の隙間に押し込んだだけですけど…)

それが鉢植えとは見違えるような成長を見せています。
逞しい茎(蔓とは呼べない程)がぐんぐん伸び、花も大きくなりました。



這沢
這沢2010

相変わらずきれいな花です。
我が庭ではもう何年も這沢とバーシカラーを並べて咲かせています。
狙ってそうした訳ではありませんが、似てるようではっきりと個性があり、
お互いが存在感を出し合っていて紛らわしくはありません。

原種には原種の美しさがあり、園芸種にはそれに匹敵する創造の美があります。
品種の作出ということについて、そのスタンスを(あるいはその哲学を)、
考えさせられる名花です、私にとって。



エトワール・ローズ
エトワール・ローズ2010

この花もハナミズキに登ってしまいました。
デジカメのズーム一杯(それもデジタル・ズームで一杯)で、この画像です。

最近はもう誰もテキセンシス系とは言わなくなりました。
ビチセラ系で分類は定まったのでしょう。
ベティ・コーニングやこの後出てくるパゴダも然り。
まあ花型からすれば、落ち着くところに落ち着いたということです。

でも、これらには壺の血が流れていることを憶えておきたいですね。
(登録時の作出記録があるから後世の我々が知ることができます。)



パゴダ
パゴダ2010

ひらひらと風に舞う蝶のようなビチセラ・スタイル。
この風情を好むか好まぬか、人によって評価が違います。

日本の自生種にはビチセラ系は一種もないのですが、
もし野にあっても全く違和感がないのではないかと私は思います。
まあこれも人それぞれですが…。



ユーリ
ユーリ2010

背の高いインテ系です。よって蔓性ではないですが誘引が必要になります。
よく見るとインテ系にしてはあまり見かけない薄い色をしています。
横向きですが平開するので、赤のインスピレーションともども切り花で人気があります。



マダム・エドワード・アンドレ
M.Eアンドレ2010

私個人的にはすごく久しぶりの出会いです。懐かしい。
全く久しぶりの開花です。明るめの赤が軽快で爽やかです。



フービ
フービ2010

本来は春咲きでもうとっくに咲いていなきゃいけないはずですが、
何故か今年は今日が初顔見せです。
前のM.E.アンドレとは対照的に、暗赤色で渋い赤です。(のはずなんです。)
今朝の画像では深みが撮れていませんね。時間が遅かった(日が昇りすぎた?)のかな。






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/290-92483e39