2010.05.10 今朝の花
今日は未明から雨。一日中降り続けるようです。
さほど強い雨ではないので、今朝咲いた花を撮ってみました。

それぞれの品種の平均的な開花時期からすると、やはり今年は全部が早いということになりますか。
普通にこの時期に咲く品種と比較的遅めの品種の花が一緒に咲いています。




ラベンダー・アディ Lavender Addi
Lavender addi 2010.05.10

葉も草姿もアディソニーなのですが、花が見ての通りラベンダー色をしています。
生産者さんも全然気づかなかったのでしょう、普通のアディソニーとして入手したものです。
こちらも咲いてびっくり!&にっこり!!

恐らくこの生産者さんの出荷したものの中に、何本かは同じものがありそうですが、
私の知る限りでのブログ、HPを探してもどこにも記載がありません。
それでもきっとどこかで誰かが育てていると思います。

というのは、この花色は普通にありそうに見え、違和感・唐突感がないのです。
今朝も普通に風に吹かれ、雨に打たれています。自然な感じです。



ピッチェリ M-1 pitcheri‘M-1'
pit M-1

M-1のMは例のMシリーズのことではありません。入手先をイニシャルで仕分けています。
このMは京都です。
さて、もうピッチェリが開花です。
撮った画像をPCで見てみると、なんだか花色がピッチェリらしくないですが、
最近流通するのは、このタイプの赤紫系のピッチェリです。

以前は青紫や赤、ピンク、ツートンなど色々なカラーがあって、サイズも幅があり
入手してから何が咲くか楽しみでもあったのですが…。
近頃は固定した??

原産地アメリカでもピッチェリは壺型の中で最も色の変異に富んでいると言われています。



テキセンシス texensis
texensis 2010.05.10

なんとテキがもう咲いたのです。
相変わらずいい発色です。存在感は抜群です。
咲いていればすぐわかります。見落とすことなんてありません。

真夏が一番好きな壺ですので、今年もこの先たくさん咲いてもらいましょう。



M20j“豆桜”
M20豆桜2010

交配種群のMシリーズから、小型でボディの短いピンクの壺。
いわゆるシェルピンク(桜貝色)からローズピンクあたりまでの明るいピンクの色調です。
(日本色彩研究所の色名小辞典 Concice Manual of Color Names による)

個体名をつけるような名品ではないかもしれませんが、ふと「豆桜」という名前が浮かびました。
名前を付けることで愛着が増すのなら、それも良いんじゃないかと思うんですが…。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/287-6d425134