GWを過ぎてから安定して暖かくなり(と言うか…もう暑い…)、一気に開花が進んでいます。

久しぶりに咲いたのあり、いつのまにか消えていたり、相変わらずの適当ぶりですが、
いざとなるとなかなか鉢減らしができません。



美佐世
美佐世2010
調子を落として以来なかなか回復しなかったのが久々に顔を見せてくれました。
往年の勢いには戻っていませんが、蔓が太くなり花数もそこそこなので、
立ち直ったと言ってよさそうです。


榛原
榛原2010
花型が乱れています。蕾の時に誘引をしておけばよかった。


クリスタル・フォンテーン
クリスタル・フォンテーン2010
カイゼルを紫にしたような花です。花型は全く同じ。


ジリアン・ブレイズ
ジリアン・ブレイズ2010
画像を上げるのは今回が初めてのような気がします。
何年も前から庭にいたはずで、今年が初開花とは思えないのに
いままで気づかなかったのはどういうこと?


リンカーン・スター
リンカーン・スター2010
古い品種です(1950年作出)。
昔はこういう覆輪や中筋が複色になった花が多かったように思います。
最近はあまり流行らないみたいですね。


ゾーン?
ドーン2010
いつのころか我が庭の北の隅にゾーンと書かれたラベルの小苗がありまして、
長い間花を咲かせませんでした。
北側は調子を落とした鉢の養生場となっており施肥も控えていましたが、
それが今年初めて開花しました。

なんだ、こりゃドーン‘ Dawn’ じゃないの。
なにかで貰った苗のようで(憶えてません)、品種名を聞き違えてラベルを挿してくれたようです。
ご親切はありがたいのですが…。ご用心、ご用心。


ビエネッタ
ビエネッタ2010
緑色4弁のビエネッタ。春早めの一番花では緑弁になることはよく知られていますが、
この時期でも出るようです。
今の可憐さは仮の姿で、夏が本番の強勢繁茂の剛の者です。


桃の君
桃の君2010
アディソニーと同じ葉をしていますが、アディよりウドンコには強いのが嬉しい。
剪定後の花上がりも桃の君は早いし、花数も多い。

草丈があるので春の強風は要注意です。
上下のリングが同径の行灯で、支柱の丈の長いもの(市販品を加工)を使い、
株全体をリングの中に入れています。それでも最上段のリングから上が危ない。


ソシアリス
ソシアリス2010
地下茎で殖えるのはよく知られていますが、スリット鉢を使用していると
こんなことが起こります。植替えの時に困ります。

socialis-02_20100509105401.jpg

socialis-03_20100509105415.jpg



クリスパ“仰天”
クリスパ仰天
大輪です。花弁が反転する前の蕾の時には長さが4cm以上ありました。
「仰天」は仮称です。びっくりしたという意味ではなく、春の一番花がいつも上向きに咲くので…。
反転した花弁のフリルはボリュームたっぷりで見応えがあります。

クリスパ大輪





Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/286-2c47ba19