2010.04.26 Cherry Lip 開花
壺型の中でGWの頃咲くものはあれこれ約10種くらいありますが、
もっとも目を惹くのは、何と言っても真紅の名花チェリーリップでしょう。

壺型早咲きは紫の上を筆頭にやや地味めな花が多い中、はっとさせるような明るさがあります。

原種テキセンシスに似て外が赤・内が黄ですが、テキとはっきり違うのはその赤の色感です。
テキセンシスはご存じのようにその赤は明度が高く朱を含んだ感じですが、
チェリーリップは真紅(純な赤)で、濁りがなく実に美しい赤です。



それを画像で再現できたかどうか自信がないのですが、今朝のチェリーリップを。

チェリーリップ

Cherry Lip 2010-2

Cherry Lip 2010-3

Cherry Lip 2010-4
腋芽の蕾が後に控えています。
これらが揃って一斉に咲けば、このあたりパッと明りが射したようになる…はず…ですが…?




かほりの君も開花です。
朝日が当たってしまいました。(しかも逆光で…)

かほりの君-01

かほりの君-02
実物よりも幻想的になっています。




ガンジークリーム
平開タイプでは毎年一番乗りのパテンス系(フロリダも混じっていますので早いんでしょうね)

ガンジークリーム

今年のいままでの異常気象・気温の乱高下にもかかわらず、
花の咲き順は例年通りというのも不思議ですよね。


Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/281-abd3f37a