そもそもクレマチス属の園芸品種は、殆ど種間交配によって作出されたと言って過言ではありません。
クレマチスの中の系統の違う種類でも交雑することができます。
まして同系統の間では全く容易に交雑種ができてしまいます。

 そうなると種というものの定義や遺伝的隔離についていささか考えもするのですが、
少なくとも動物の種が持っているような種間交雑を防ぐ仕組みというものは、植物には無いのかもしれません。
植物は動物のように移動しませんし、地理的隔離と開花期の違いだけで種の独立や保存が可能なのでしょう。

 自生地では地理的隔離(高度差)があり、開花期にずれがあるため自然交雑する可能性はほぼゼロです。
ですが、自生地とは違う環境にもよく適応するこれらの原種の、植栽の条件下で交雑する可能性は
限りなく高いのです。
専門のナーサリーの栽培場に限らず、趣味栽培家の棚の上でも。


 開花期は通常ですとクリスパの方がはるかに早く、4月頃から咲き始めます。
ピッチェリは壺型の中でも特に遅く8月頃に咲きます。

 これは一番花の場合で、花後の剪定によって再び生長を開始し、2か月程度で二番花が咲きます。
クリスパがこれを繰り返すと、三番花あたりでピッチェリの開花と揃うことになります。
ここまで周期的でなくても、ちょっとした生育の遅速で、同時に開花していることは珍しくありません。


 特別に栽培場にネットを張って防虫に努めれば、ハチによる交雑は防げるでしょう。
花粉を媒介するのは主にマルハナバチの類です。
しかしまあ殆どの栽培場はそのような防除をしていません。

 自家受粉も可能な性質なので、結実の全てを虫媒に依っているわけではありません。
壺型クレマチスは雌蕊先熟ですので、花粉より先にめしべが受粉可能状態になります。
(その時おしべはまだ花粉を出していません。)

 人工受粉ではこのタイミングで交配をします。熟練しないとこの適期がなかなか難しい。
他の花の花粉が付く前に、目的の花粉を付けなければなりません。
受精が完了すれば胚として生長が始まり、もう他の花粉がいくら付いても関係ありません。

 自然ではマルハナバチが蜜と花粉を集めながら、絶妙のタイミングでこの仕事を行います。
もしマルハナバチが来なくても、数日のうちにおしべが花粉を出し始めてめしべに触れます。
(ちょっとした風でも)

 栽培棚を見ていると、それでも結実しない花が結構あります。
殆ど全部の花が結実する株もあります。
株の栄養状態とか気温や天候とか条件もあるようです。個体差とばかりはいえないような・・・。


 さて、その交雑の結果を知るのは数年後になるのですが、咲いてみてびっくり、そこで初めて
交雑を知るということになるのです。
受粉作業を人為的に行った人工交配と違い、自然交雑は結果をみてそう推測されるという話なのです。
咲くまでは判らないのです。

 少なくともタネを採った母株は判っているのですから、その子はその母株の種名で呼ばれることになります。
つまり、「クリスパの交雑種」とか「ピッチェリの交雑種」と言うふうに。
英語では crispa hybrid 、pitcheri hybrid と呼びます。


 園芸品種としては両親の品種が明確で、場合によっては追試交配実験によって証明できたりすることが望ましいのですが、現実には多くの品種が母親だけの記載で実生選抜品種として登録されています。

 実生から出現した優れた個体に品種名を与えることは栽培家にとって誇らしいことです。
それが予期せぬ自然交雑であっても喜びに変わりはありません。
ただ、それを自分の栽培場から外へ出す、つまり他所の人達の目に晒すとなれば、
当然作出者としての責任も負わねばなりません。
正体不明では困るのです。


 雑種があるということは他方に純系があってのことです。
しかしもはや私も皆さんも今持っているクリスパやピッチェリが果して純粋の原種であるのかどうかさえ
不明になってしまっています。残念ながらもう既にそうなっているのです。

 ラベルの信用性は相当低いと考えねばなりません。
ピッチェリと書いてあればそれはピッチェリ系くらいに緩く考えた方が良いようです。
 
 他の原種ではどうでしょうか。勿論交雑の可能性は全く同じです。
ただ、他の原種はクリスパ、ピッチェリに比べ花色・花型の変異の幅が狭く、
原種と雑種の見分けが容易につきます。
流通量が少ないことも交雑が進まない原因のひとつでしょう。

ただし今後どうなるかは判りません。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/273-55faff0b