上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう数日で3月になってしまいますね。
寒さのせいにして、庭いじりもすっかりご無沙汰でしたが、ぼつぼつ冬眠から覚めなくてはなりません。

植物のほうはもうとっくに目を覚ましていて、早く農作業をしろと催促しているみたいです。


何もしていなかった訳ではないのですが…、
ただ、真冬に植替えや株分けなど、常識では普通やらないようなことばかりしてしまったので
正直うまく生長を始めてくれるかどうか心配ではあります。


一言で言うと慢心というのでしょうか、場当たりのやっつけ仕事ばかりなので、
基本に忠実に…などと日ごろ言ってることとえらいギャップです。
その結果が今年あたりモロに出てきそうな気がします。
くわばら、くわばら。

などと言い訳しつつ、今年の新芽たちを…。



crispa2010.jpg
いつも芽の動くのが早い「クリスパ」。これは露地です。


大輪ぶどう紫2010
同じく露地にある「大輪ぶどう紫」。芽数が増えています。


Dark Eyes 2010
これも露地栽培の「ダークアイズ」。


viorna2010.jpg
これも同じ棚の「ビオルナ」。
いつもは平均より遅めに出てくるのですが、今年はどうしたことでしょう。早いです。



ここからはフレーム内の様子です。


reti-Red2010.jpg
「レティキュラータ・レッド」
一番早く芽が動き出し、既に40cmを超えています。(徒長気味です。)


Lady Keiko 2010
「レディ・ケイコ」です。以前(12月13日)植替えを記事にしました。
手前の大きい芽が例のパイロット・シュートです。伸びました。
さらに2つ芽が頭を覗かせてきました。順調のようです。


Oparlin Charm 2010
「オパーリン・チャーム」
ピッチェリの一昨年の新色でした。一鉢で2種類の花が出るというので、
きっと2株くっついて植えられているに違いないと断定し、根を洗ってみました。

プロの生産者さんが見抜けなかった位ですから、簡単に分かれるはずがありません。
根が絡み合って果たして2株なのかさえ判りませんでした。

ままよと(短気を起こし)ハサミでザックリと切り分けました。
大手術です。はやまったかも知れません。


pit-M2 2010
残りの方の赤紫色の「ピッチェリ」
口があまり反転しない上品な花型のピッチェリです。


texensis2010.jpg
その他、フレーム内のテキセンシス
露地とフレームのどちらが予後の生育が良いかテスト中です。
フレームは生育開始が早いですが、徒長もしやすく、一般栽培棚に出すタイミングが難しいのです。
風の強い日が特に危険です。春はまた風が強い日が多いので…。


babys2010.jpg
最後に越冬したベイビーズ。4月に4号に鉢上げ。年内開花見込です。




Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/269-a26a525d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。