レディ・ケイコ texensis‘Lady Keiko’

ここ数年ヒヤヒヤで、ぎりぎり枯らさず…の状態が続き、
それでもなんとか花を咲かすものの、疲弊を怖れて早々に摘み取るようなありさま…。

この品種は我が家では最古参の部類に入る壺系です。
今でも入手は可能なのでしょうか? 
春○井さんのオリジナルです。カタログにあっても、価格表がカッコつきなら難しいかな?


とにかく枯らす訳にはいかないのです。
年々芽数が減るのが悩みの種でした。今年は2本立ちでした。うち1本に花が咲きました。
夏以降殆ど見た目は生長しないのを、心配しつつ見守っておりました。

生育不良のひとつの原因は、元気だったころのまんまの8号鉢だからのような気がして、
(つまり、根の量に対して鉢が大きすぎる⇒過湿になりやすい⇒根腐れ)
あまりいい時期ではないけど、このまま冬を越させるのはさらに危険に思えて、
鉢から抜いてみました。



今年の茎の基部から4本の新芽が出ています。思ったより元気!
今年の初めよりむしろ株が充実したようです。

しかしある時期非常に危険な状態であったことがうかがえます。
発根しているのは今年の茎からのみで、去年以前の茎は根も茎も真っ黒で既に枯れています。ふぅ…!

Lady Keiko20091213

Lady Keiko new 4 shoots




6号にサイズダウンして粗めの用土に植替えしました。
この時期ですので春までは動きはありませんが、防寒は例年以上に気をつかうことにします。

Lady Keiko 植替え

Lady Leiko 避寒棚



もともとは地中にあった芽ですが、状態観察のため1個だけ見える様に頭を出しておきました。
センサーのようなもの、パイロット・シュートとでも言っておきますか。

pilot shoot Lady Keiko






Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/263-45833c63