上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.29 11月のおわり
 あんまり長く更新をしなかったので、
ブログIDとパスワード入れないと管理ページに入れませんでした。 てへっ!
1か月以上更新がないと自動的に置かれる、冒頭の広告がないだけマシかっ!



 私事で何かとあわただしいひと月でした。
現職場で引き続きの再雇用も決まり、12月から新しい生活設計のスタートとなります。
しかしあまりの収入ダウンに(想定以上で)・・・正味のところタジタジ・・・。

カミさんと、「とにかくお金のかかる病気にはなるまいね」と二人で誓いの詞。


 よその人と比べてもしょうがないのですが、
この水準の低さに、地方の弱小民間企業の悲哀を感じます。

え~い この話はこれでおしまいっ!。




 さて、我が小庭を眺めるに、なんの変化も発見もなく、
例によって、放置の結果の雑草と、ウドンコの傷跡ばかり・・・。

ろくな待遇をしていないのに、けなげに頑張る・・・植物たち。
(なんだか、つい話がそっちのほうへ行ってしまいそうな・・・・Oh no!。)

seedling-01.jpg

seedling-02.jpg




タカネハンショウヅル
すっかり緑色が抜け紅葉したような、枯れたような・・・。
逆光に向かってストロボ焚いたら、タネ(の殻)はまだ緑色しているのが写っていました。

lasiandra-01_20091129093813.jpg


順光で見ると、茶色っぽいのですがまだ採種はできそうにありません。

lasiandra-02_20091129093828.jpg

lasiandra-03_20091129093838.jpg


定点観測の名を借りたこの横着ぶりです。  また、同じ画像か!とツッコまれそうです。




もうひとつのここ1カ月の関心事だったこと。

 24日(火)に3回目のThis Is It を見に行きました。
休みの都合で27日までにはもう行かれない、
もうこれが生きているマイケルに逢える最後だ、という思いを持って。

シーンの随所にみられる彼の人に対するまなざしの優しさに触れるたびに、
1回目、2回目とはまた違った感情が湧いてきて、泣けて泣けて・・・。


 改めて思うのは、スタッフの全員が、ダンサーも、コーラスも、バンドも、
そして音響や照明やきっとセットの大道具さんに至るまで、みんなメチャクチャに練習を重ねていたこと。

10人のダンサーが寸分違わず同じ動きをし、マイケルとコラボする…と、言葉にすれば一言のことに、
一体どれ位の時間とエネルギーが費やされたか。
しかも全員経歴も凄い! プロ中のプロにして叶うレベルで!・・・練習、練習、練習!
(しかもみんな、間違いなくそれが嬉しかったんだ!)


 オリアンティが映画の中でインタビューに答えて
「凄く練習をして全曲隅から隅まで完璧に憶えていた」と言っていましたね。

完璧主義者と言われるマイケルですから、しかもレコーディングの時と同じようにと、
つまりオリジナルどおり演奏できることがまず最低条件で・・・、
そこから新しいものを引き出していくマイケルのアイデアを、
その場で実現してみせるメンバー達もまた凄い!

その空気が見事に映像になっていて、身が震います。鳥肌が立ちます。


これでもリハーサルなのか?
無事ロンドン公演が実現していれば、全く舞台裏の出来事で、表に出ることは無かったエピソードばかり。
極めて優れたドキュメンタリー映画でした。メイキングビデオなんかじゃありません。



27日が過ぎて(もう逢えなくなった)、なんとも言えぬ気持ちです。

久しぶりに2ちゃんで、this is it のスレ見たら、
26日頃から1日だけでレスが1,000越えて、1~2日後には過去ログ倉庫入りする盛況ぶりです。

殆どの人が同じ思いでいることが解りました。
それは、みんなが言うとおり、「喪失感」なのでした。


 

Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/262-6824b342
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。