この時期、植替えをしなけりゃなあと思いつつズルズルとサボって、活動は休止状態です。
でも、見回りだけは毎朝欠かさずやっております。

昨年播種したプランターからポツポツと芽が出てくるのを無上の喜びとしている今日この頃です。
でもって、記事にするのは、定点観測とでも言うしかない、ネタの繰り返しになってしまいます。

それでも多少は変化があって、明らかに芽の数が増えていることが見てとれます。
その中には実は驚くほどの厚撒きがしてあるプランターもあります。

カイワレかスプラウトのような状態になるかも知れないけど、
植替えの時、根を痛めずにほぐせたらもうそれは全然OKで、
  (ちなみにコツは、サラサラの砂に撒いて、根は水中でバラす!)
今流行りのエコとか省資源って訳です。

横着も「モノは言いよう」です。 ついでなら「時流適応」と呼んで欲しい!。



ということで、またも発芽画像 10月30日現在。

ダークアイズほか
Dark Eyes ほか

ポンパ
Pompadour Pink

クリーミー
Creamy Pink

キングス
King's Dream

クリスパ5
crispa 4-5-5

クリスパ4
crispa 4-5-4



今気づきました。

クリーミーピンクは今年4月7日に撒いていましたね。
それでも昨秋撒きのものと変わらず発芽しているってことは、
10月撒きとの差5ヵ月は関係ないってことですか?

発芽抑制物質の分解は、夏越し(高温多湿)中に進行する?。
と同時に、休眠から覚めて発根も始まる?。

このへんのメカニズムが解明できたら、
限られた広さの作棚をもっと有効に使い回すことができるかもしれません。

実生は播種から鉢上げまで、1年半かそれ以上、置場を占有しますので結構切実です。


休日園芸といえども、科学的にやるというのが持論ですが、
それにしても解らないことが多すぎます。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/258-17206233