上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.04 実生の発芽
予告通りと申しますか・・・「秋には秋の楽しみがある」と言っておりましたとおり、
10月に入って早速実生の発芽が始まりました。
正確には、地中で発根していたタネがやっと地上に芽を伸ばしてきた、ところです。


これらは昨秋から今年3月までに播種したものです。
秋蒔きの一部ははやばやと今春発芽し、現在すでに本葉数枚にまで育っていますが、
本格的にはやはり秋が発芽の時期となります。

普通は秋に蒔くのが常識とされていますが、
実験のつもりで今年の春まで段階的に蒔く時期を変えてみました。
最終は今年の3月です。

結果は殆ど変わらないみたいです。
同じように発芽しています。


DarkEyes seedling
ダーク・アイズ Dark Eyes

viorna seedling
ビオルナ viorna

大輪ぶどう紫seedling
大輪ぶどう紫

這沢seedling
這沢



しかし、改めて思うに、発芽まで1年かかるというのは、待つ身には長いものですよ。

栽培家としては、春~夏に花が咲き、秋にタネの採種が一段落ついて、
することがなくなってポワっとしているところ(ブログの更新頻度がそれを物語っております)。

このタイミングだからこそ「秋には秋の楽しみ」と呼びたいのです。

怠けていた薬剤散布も、この小さな実生達のつつがない生育のためなら、
頑張る意欲が湧いてきます。現金なことです!。





Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/252-e04e0de2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。