2009.08.03 色づく果球
例年になく早い時期に果球が色づいてきました。


いつもの年ですと、春から初夏の花は咲き終わると花がらを摘み取って、
腋蕾の開花を促し、次々と花があがるのを楽しみます。

去年まではタネは主に秋に咲いた花から採集していましたが、
株によっては養分をタネに奪われて、かなり疲弊してしまうものがでてしまいました。
冬越しする体力が残っていなかったのでしょう。

グラウコフィラ(1)、レティキュラータ(1)、バーシカラー(淡色1)など、
枯れてはいないけど今年は花があがりません。
しかも、・・・管理も悪かったのでしょう・・・回復したという感じではありません。
息も絶え絶えといった状況。今年の冬はヤバイかも・・・。


そこで、今年は初夏の花からタネ採りを試みました。 が、
植物の生育期・開花期と重なること、害虫・病気の発生時期とも重なること、など
やってみるとそれなりに難しく、ナルホド実りは秋のものかなと、
納得しているようなことです。

要は管理の問題かと、いまさら反省する次第。
肥持ち、水持ちを考えて用土の改良が必要かも・・・。
体力充実、丈夫な株であれば問題はないはずですから。

秋からは少し時間に余裕もできるはず。
基本に帰って、丁寧な栽培を心がけることにします。


ということで、今朝撮った画像から。

果球-01
這沢

果球-02
クリスパ

果球-03
チェリー・リップ  (シイナ臭い)

果球-04
アディソニー



果球から品種名を推定するのは至難の業ですが、
果球の特徴(特にヒゲまたは羽状の毛の有無)が重要な種の特徴であることもあります。



*** *** *** *** *** ***

うさぎさんのブログはいよいよ閉じられたようですね。

リンクが充実していらしたので、ポータルサイトのように使わせてもらってました。
私のテンプレはpingが反映されませんので、助かってたんですよ。

またきっとお目にかかることもあるでしょう。

いまのリンクは外させていただきます。ありがとうございました。



Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/232-3162a3ff