なんとめずらしや、今朝は青空がくっきりと見えています。
この時期にしては気温は低めに感じられて爽やかです。
いったい何日ぶりでしょうか、こんな朝は!。

早起きしたので、久しぶりに古葉・枯葉の除去作業をしました。
こういうことをするのも久しぶりです。

思っていた以上に状態が悪いことに気づきました。
まず、例の果球に入る虫が発生しています。(メイガ?)

テキセンシスをはじめとする小葉が丸い系の葉枯れが極端に進行していて、
やっと受粉して果球になっていたのですが、タネが成熟しそうにありません。
あきらめて強剪定をしました。秋に向かって出直しです。

葉を巻く青虫が発生しています。その成虫と思われる虫も飛んでいました。
コカクモンハマキ(ハマキガ)というのをnetで見つけましたが、
こいつではないかと思います。よく似ていました。

一昨日の薬剤散布は効くのでしょうか。
(オルトラン液剤250倍+ストロビー・フロアブル2000倍+カリグリーン水和剤800倍)
オルトランにはメイガもハマキガも適用害虫に書いてない。
このテの害虫に効果のあるクスリをご存知でしたら教えていただきたいです。



庭の咲き残りたち

プリンス・チャールズ “Prince Charles”
ペールブルーの花を咲かせていました。この時期に爽やかですねえ。
(ちょっと花が咲き進み過ぎていますが・・・)

Prince Charles0730


パゴダ “Pagoda”
ひらひらと蝶のように微風に舞っています。
一番花の時とは風情が違って可憐な感じもいいものですね。

Pagoda0730.jpg


59号  pitcheri “ No;59@59”
二番花はボディが白っぽく、リップが濃色になっています。
(思わずリップと書きましたが、反転した先端のことです。
 もともとはランの用語で「唇弁」のことですが、壷型クレマでも唇に例えてもいいんじゃないかな)

59号0730


20-8 crispa
渋めのクリスパ。オーソドックスタイプです。

20-8 0730


Secret

TrackBackURL
→http://cleclema.blog70.fc2.com/tb.php/230-95ad3339